2009年05月03日

裏山の笹刈をしました。

 伐採をしますと、光を受けて山菜がたくさん育ちはじめ、この時期は山菜が取れます。昔はそんなに「タラの芽」や「コンテツ」なども食べることが無かったように思うのですが、大変おいしく春の訪れを感じることができます。

 いまやこの山菜の山は宝の山となり、手入れをしておけばたくさんの収益を出すことも可能だといえます。多くの観光客がわざわざ来てくださり、新鮮な物を買ってゆかれます。野菜もこれからの時期販売されますが、なんと言っても山菜は元がかかっておりません。

 短い期間ではありますが、やりようによっては多少の収益にならないものかと、我が家の上の山の手入れをすることにしました。「わらび」や「たけのこ」など取れたのです。現在は、私の背丈以上の笹が生い茂り、草刈機を持って刈り始めたのですが、全く前に進みません。

 2時間ほど続けますと、機械が悲鳴を上げる感じです。私の体も汗まみれになり、機械の振動が手に伝わり、疲労がたまってしまいました。

 木の間伐や枝刈も高度な技術が必要で、山を守ることの困難さを痛感しますが、自然を相手にした仕事は本当に大変だと思います。

 わずかずつでも自分の山を山菜の山にして行きたいと思っています。

 一方農繁期を迎えており、各地で田植えの光景を目にしますが、私も昨年から米作りを始めました。こちらのほうもそろそろ始めなくてはなりません。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

第5回産業建設常任委員会開会

 常任委員会は、総務、文教民生、そして産業建設委員会があり、郡上の元気を実現するのが、産業建設委員会だといえそうです。

 関係部は、建設部、商工観光部、水道部、農林水産部があり、もっとも多くの部を持っています。

 今日は多少の人事があって、顔合わせといった意味合いもあり、夜は懇親会ももたれ、活発な意見交換会が行われました。

 <建設部関係>課長以上職員自己紹介のみ

 <商工観光部関係>
 ・商工プレミアム商品券の販売実績と課題
  4月30日付けで、全体20,944セット(59,84%)
  人口に占める販売割合
   八幡 7,716セット(49,9%)
   大和 3,499セット(48,6%)
   白鳥 6,377セット(51,6%)
   高鷲   888セット(25,5%)
   美並   733セット(15,8%)
   明宝   946セット(46,7%) 
   和良   785セット(37,5%)
 
 白鳥は、以前から商工会の企画で商品券を販売しており、売り上げが多いそうです。また美並が低迷しているのは、岐阜・関方面へ買い物に行くことが多く、郡上市内の利用が低いといったことが言えます。

 ・「食の祭典」イベントの開催
 平成21年9月26・27日(土・日)予定
 大和庁舎周辺

 ・美並都市交流促進施設フォレストパーク373の管理指定について

 ・地域活性化協議会{地方の元気再生事業}について

 <水道部関係>
 ・下水道等統一検討会議の検討状況について

 <農林水産部関係>
 ・岐阜県みどりの祭りについて
 5月30日開催 ひるがの高原にて

 ・口明方ライスセンター視察(玄米色彩選別機) 

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ

  
posted by 森よしと at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

郡上高校第一回常任委員会開催

 郡上高校の入学式が4月8日に行われ、その後PTA入会式が開かれて、そこで新一年生の親たちの各地域代表が決定し、昨日第一回の常任委員会の運びとなりました。

 各地域から選抜された各学年の代表であり、郡上高校のPTAの屋台骨という重要な位置になります。

 実行委員(役員)は、既に決定しておりますが、常任委員長、生活指導特別委員長、進路指導特別委員長、母親委員会委員長、部活動後援会委員等を決めなくてはなりません。

 初めて参加した方が多く、高校まで足を運ぶことだけでも大変なのに、精神的にも大きな負担だろうと思います。何をやるのかも、周りの人も初めての人ばかりでは、本当に大変です。八幡の方々は知り合いが多くて、和気藹々とした雰囲気でおられますが、高鷲はやはり一番距離的にも遠く、郡上高校へ生徒の数も少ないため、疎外感を感じざる終えないのです。

 かなりスムーズに運んだとは思いますが、やはり2時間半はかかってしまいました。最後まで決まらないときは、くじ引きという最終手段しかないのです。

 しかし、子供の為にPTAが存在し、そこに親の代表として加えていただけるだけでも感謝すべきだと思います。時がたって気づくことが多いのですが、経験しておいて良かったと感ずるはずです。

 苦労は勝手でもすべきだと思います。特に男親こそPTAに参加をしてほしい。子供とともに成長していく喜びを実感できるとおもいます。

 私は副会長の分担で部活動後援会長にさせていただきました。今までほとんど手がつけられておらず、開拓の分野といってもよさそうです。

 全ての家庭からPTA会費の中の10600円を、部活動後援会に向けていただいており、部活動に加入していなくても徴収され、応援費用としての意味合いがあるようです。

 昨年度までは1千万円を越える金額だったのですが、今年は、8百万と激減しています。この額で間に合うのかといった問題もあり、さらに各部活動へ公平な配分、各部の育成会の立ち上げなど、とにかくそれぞれの部活動の問題も含めて、検討しなくてはなりません。

 全く一歩からのスタートです。ただ担当の先生が良くご存知なのでしっかりと打ち合わせをしてゆこうと思っています。

 最後にちょっと心配な事は、今年度の卒業生に就職希望者が多いのですが、新規採用の数が激減しそうだといった予想だそうで、学校だけでは困難な状況も予想されます。行政の取り組みが極めて重要だという感想を持っています。市政に反映させたいと考えています。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 10:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

消防春季演習の3日後に火災発生!

 12時頃に携帯に妻から火災の緊急報告が入りました。仕事の為市外に出ておりましたので、早速高鷲に向かったのですが、なんと高速道路が八幡インターを過ぎた時点で混み、時間だけが経過をしてゆきました。ゴールデンウィークの初日でした。

 現場に駆けつけてからの情報ですが、10時頃に火に気づいた別荘の持ち主が緊急通報をして、私が駆けつける前の1時半頃には鎮火していたそうです。

 別荘は丸焦げで、周りの山が1200u燃えていました。原因は燃やし物をしているうち風に飛ばされ火が山に燃え移ったという事だそうです。

 死亡者もけが人も無くほっとしています。3日前に幸運にも消防高鷲方面体の春季演習が行われており、早速の火災消化本番となりました。

 「備えあれば憂い無し」とは、このことだと全ての関係者の方が実感したことと思います。とにかく消防団の皆さんに心から感謝を申し上げます。

 遅刻した私は、反省の一言ですが、やはりいち早く駆けつけていないと失格だと思います。現場にいても足手まといだとは思いますが。

 いかなる事態にも瞬時に対応できる心構えをしておきたいと覚悟しておきます。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ


posted by 森よしと at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

「三柱鳥居」の意味。

 いただいた文章ですが、ここに紹介します。
 
 天と地が初めて拓かれた時、既にそこに三柱の神が成っておられたと神典は伝えております。その名は

 天御中主神(あめのなかぬしのかみ)
 
 高御産巣日神(たかみむすびのかみ)
 
 神皇産霊神(かんみむすびのかみ)

と称されます。

 この三神が万物を創造され、以来無限のエネルギーを与えられ続けているのであります。 
 
 三神の姿・形を大宇宙に見るならばそれは「太陽」と「月」と「地球」であり、地球にあっては「水」と「光」と「空気」であります。そして人間社会にあっては「愛」と「理解」と「尊敬」と言えます。

 三者それぞれ、独自のエネルギーが完全にバランスを保つように一つに絡まる事が大切であります。

 古来わが国では、最も安定した力を三本柱と称してきました。また日本民族の発祥以来皇統に伝わる三種の神器もこの事と無縁では無いと思います。

 この三神、三体の偉大なる力とその働きを確信し、生き通すならばこの宇宙にはさらなる調和と繁栄がもたらされるでしょう。

 
 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ


 
posted by 森よしと at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

大和町内ヶ谷市有林内の「大和三柱鳥居」を見てきました。

 内ヶ谷ダムの建設予定地には、45年ほど前までわずかですが人が住んでおられました。ダム建設に伴ったわけではありませんが、生活が不自由という事で、山を越えて大和の中心部へ移って行ったという事です。

 その建設予定地とは少し離れた所に、平成16年9月に揖斐郡大野町の山村砕石から寄付された578,51haの広大な山林があり、郡上市有林として管理することになりました。人工林170,87ha、天然林405,57ha。

 今日はその市有林と頂上近くにあります「三柱鳥居」を見学に行ってきました。{北緯35度46分49秒、東経136度49分4秒、海抜920メートル}に位置しています。平成6年8月1日建立。おそらく議員になっていなかったら行くことは無かったと思います。そこで、なんとしても皆様にもご報告申し上げておかねばとブログしています。

 沢を登り2時間ほどで、その鳥居に到着したのですが、「三柱鳥居」がポツンと建っていました。三本の柱があって三つの鳥居を組み合わせたものです。初めて見るもので、不思議な感じがしました。

 全国に大和を含めて7箇所あります。有名なのが京都太秦の木嶋神社、墨田区向島の三囲神社。三井家から移築、三井家の氏神が三囲神社にあります。

 さらに、長崎県津島の和多都美神社、奈良県桜井市大神教会、徳島県名西郡神山町、そしてもう一つが岐阜県奥洞戸栗原底津丸山山頂。

 大和町の時代、かの地を利用してリゾート開発してゴルフ場を計画したのですが、頓挫。その頃に立てられたものだと思います。何か三井の神様にでもお願いをしたのでしょうか?

 使用してある材木も決して新しくは無く、組み合わせも少々雑な感じを受けました。開発の失敗とともに神様も用なしになってしまったのでしょうか。

 神秘さを感じつつも、深く考えるべきことでもないのかとも感じております。

 冷たい風の吹く日となりましたが、歩くと汗が流れ大変すがすがしい一日となりました。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 21:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

政治家としての私の父の偉大さ。

 75才の人生を駆け抜けた父、何故か父のことを思い出しています。

 政治家はやめるときが一番難しいという話も聞きます。

 父の偉大さは、引退後一切政治には干渉しなかったことだと思います。政治の勉強をしたわけでもなく、33歳の若さで当時の村会議員になりました。当時の様々な経緯もかなり複雑だったと聞いています。

 私も同じような道を歩んでしまいました。決してスムーズなスタートではありませんでした。

 しかしここまで来て、父は引退後は思うところはたくさんあったのでしょうが、一切政治に干渉することなく余生を過ごしていました。

 私のことを完全に信頼していてくれました。

 ただ、他の付き合いも避けてしまったことは、寂しい最後ではありました。すでに身体に障害を持っていましたが、どんどん皆と楽しく過ごして欲しかったと思っていました。

 引退後も影響を残したい人が多すぎるように思います。いわゆる院政という事ですが、決していい事ではなく、もっと後継を育てる努力をすべきだと思います。

 かつても書きましたが、リーダーのリーダーたる所以は後継者の育成にあります。残念であり現実でもありますが、本物のリーダーはなかなか存在しません。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 21:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

地域の防災・防火の砦は消防団!

 昨日は雨が、今日はスキー場では雪がちらつく寒さとなりました。毎年このような天気になってしまうのですが、高鷲消防方面体の春季演習が挙行され、雨の中で点呼、訓練、分列行進と団長以下198名の結束ぶりを見てまいりました。

 郡上市消防団は、県下でも団員数においては上位を誇り、団員確保に大変困難を期している地域に比べてありがたいと思います。

 しかし今年の新規入団者は無く、昨年より1名減になっています。これからの団員確保は大変な問題になりそうです。全くのボランティアー精神であり、家族や個人的なことを犠牲にしての活動になりますので、消防精神の理解が必要です。地域の守りの要ですから。

 地域の貴重な財産や市民の生命を守るために、緊急医療の準備、警察との連携、さらに女性防火クラブ、少年消防クラブ、幼年消防クラブ、民間消防等との連携が必要になり、やはりその要が消防団になるわけです。

 一朝有事の際には、団長を中心とする団員の一致結束と迅速かつ的確な対応をお願いし、さらには平素の町民に対する防災、防火に対する啓蒙をお願いしてまいりました。
 
 ずぶ濡れで、寒い中懸命に努められた団員各位に勇気付けられ、「安心」の2文字を確信しました。心から敬意を表し、今後の活躍をご期待申し上げます。

 私は、彼らの地位向上と、安全確保のため努力をいたします。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ



 
posted by 森よしと at 14:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

名古屋市長が明日決まります。

 かつて愛知といえば愛知民社党。あの「春日一幸氏」率いる政党でした。社会党の左傾化を警戒し、外交政策などは当時自民党よりも右と言われた政策を打ち出し、労働組合が社会党や共産党へ向かうのを防いだ政党だと記憶しています。好きな政党でした。

 私も春日一幸氏にお会いしたこともあり、彼の弁舌は他に追随を許さなかったのですが、彼がなくなり民社党も落ち目になって行った事実は否めないと思います。

 実は彼の秘書をやっていた人物が、今名古屋市長選挙に出馬中の人物、河村氏なのです。平成5年の政治改革が叫ばれていた折、私は彼とお会いしており、ユニークな方だという印象を持っていました。

 彼は当時の新党ブームに乗り、日本新党から出馬をし、見事当選を果たし、名古屋市長選挙までは民主党国会議員として、マスコミなどでも人気があり、自称「総理候補」といってはばからない人物なのです。

 自民党の候補者のことは全く知りませんが、定額給付金を利用したプレミアム商品券による経済策など、少々スケールの小ささを感じざるおえません。

 今の日本の現状は世界の中でも一番厳しいと言われますが、とりわけ愛知県はトヨタの影響は甚大で、明日どのような結果が出るか、日本中が注目しているはずです。

 国政に影響を与える明日の名古屋市長選挙、大いに関心を持って見届けたいと思っています。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月24日

一般質問の形式が変わります。

 選挙後一年が経過し、一般質問のあり方について様々意見がある中で、議会運営委員会でようやく結論が出そうです。

 一般質問は、議員にとっては最も自分を表現できるチャンスだと思います。そして、中途半端な事はできませんから、大いに勉強もしなければなりません。自分の考えを正確に表現する場であり、有権者からの意見を議会に届ける場だと思っています。

 毎回必ず質問の席に立つことを約束して議会に出ておりますので、いろんな場に出かけて、皆さんの意見を聞く努力をしていますが、毎日新鮮な情報を得ることは極めて困難で、生みの苦しみを味わっています。

 さて、6月議会が12日から始まり、15,16、17日と一般質問になります。18日が委員会、24日閉会予定です。3月議会と比べると、一般質問がメインといってもよさそうです。

 私は、議会運営委員会に所属しておりませんので、先輩議員から教えていただくのですが、一番の下っ端のため、自分の都合は聞いてもらうわけにはいきません。当然のことですが。

 6月議会からは、一問一答方式になるという事です。時間は今まで通り40分間。今まではいくつかの質問を一通り話し終えてから、執行部が順番に答弁をされましたが、これからは一問づつ質問・答弁をし、さらに再質問という形です。

 私は先輩議員からも指摘を受けていたのですが、「弁論会ではない」と。しかしそれに対して、とにかく、森喜人は何を話すのか?どんな人間なのか?といったことに答えることが優先だといいました。20分間かなりのスピードでスピーチしました。与えられた時間を最大限に活用したのです。

 今後は、40分の中で一問一答となれば、今までよりも質問数を減らして、再質問を準備し、深い議論ができるようにできればと思っています。しかし、国会の予算委員会の様なことを期待されても無理な話です。私は形式にこだわることに賛成ではありません。要は中身なのですから。

 しかしこれを機に、議会も執行部も相当勉強をしなくてはならないでしょう。また一つチャレンジする課題が増えました。ありがたくがんばっていきたいと思います。

 議会のレベルが上がることを信じて取り組みたいと思っています。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ

 

 
posted by 森よしと at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

鷲見、上野地区を挨拶回りしました。

 昨日は、鷲見、上野地区ではまだ桜が見ごろでした。春にしては寒い日となりましたが、雪で痛んだ屋根を修理しておられたり、農業の準備などで忙しそうに、外へ出て働いておられる方が大勢おられました。

 「3月議会の報告です。」と一枚の紙切れを渡すのですが、私にとっては真心込めたつもりでも、その気持ちを受け止めてくださる方は全てではないと思います。後から電話を下さる方もたくさん見えますが。

 家の玄関においておくときもあり、郵便ポストに投函しておくこともありますが、全ての家に丁寧にお配りしています。今まで誰もやらなかった、行政、議会と市民お橋渡しの務めをしっかりと果たしたいと考えています。

 「君が、よしと君か!」と面と向かっては始めてお会いする人もいました。私は何度も訪問していても、全ての住人に会えるわけではありません。季節を変え、日や時間を変えて訪問することは大切です。

 様々な気持ちで私の後援会便りを手にされる方がいることでしょうが、努力を惜しむことなく続ける中で、いつかは全ての方に喜んでいただけるものにしたいと思っています。

 政治家に頼んでも仕方ないと思われる方も少なくないと思いますが、どんなことでも相談に来ていただけるような、関係を築けたらと願っています。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
posted by 森よしと at 09:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

平成24年清流国体に向けて

 平成24年の国民体育大会は、岐阜県で開催されます。各地でそれぞれの種目が行われますが、郡上市では国技である「相撲」が行われます。何かと郡上市と相撲は縁があるということでした。

 高鷲中学の同級生を見ても、県下の相撲の名門校に進学した友達が多く、岐阜農林高校、中京高校、郡上北高校等ですが、県大会の決勝は中学の同級生どうしの取り組みが多かったと聞いています。

 今日は、郡上市合併記念公園に「郡上市相撲場」が建設され、竣工式が開催されました。事業費45,995千円、設計監理サトウ建築設計事務所、施工株式会社三光工務店。

 財源内訳は、日本宝くじ施設助成事業費40,950千円、合併特例債3,700千円、一般財源1,345千円。

 一通りの神事、竣工式が終了して、内部見学を始めてさせていただいたのですが、いくつか気がつく点があり、設計の段階で指摘すべきだったと感じました。

 トイレが一つしかないこと。さらにシャワー室が一般人用のものになっていて、相撲をする選手にはあまりにも狭いのではないかと感じたこと。

 昨年の12月8日から今年の3月30日までが工期となっており、冬の寒い期間をはさみ極めて短期間になっていますが、果たしてどれだけ市がチェックをしたのかが疑問でした。

 ちょっと見ただけいくつか難点を発見しましたから、見えないところでもいろんな問題があるのではないかと疑いたくなります。全てまかせっきりでは、いいものはできませんし、郡上市内の会社を使うことに異論は無いにしても、いい会社に育てるのも市の責任ではないかと感じます。

 聞くところでは、今回の会社は設計会社としては、新しいそうです。市が設計の段階で関与していなかったとすれば、大きな問題だと思います。

 そして今後公共事業については、もっと受注先にものをいっていく体制を作るべきだと考えます。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 23:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

政治の道を志した地を訪れました。

 新党ブームが吹き荒れ、自民党政治が15代宮沢内閣で終わり、8党連立政権となったのが、西暦1993年。その後細川総理は政権をなげうって、羽田内閣、村山内閣と続くが、結局村山富一総理は橋本竜太郎氏に政権を禅譲する形で、自民党政治の復活を迎える。

 自民党は下野したときの苦しさを肝に銘じて、その後政権を譲っていない。

 私が政治の社会に身を置いたのが丁度この頃だった。8月の自民党大敗を迎えるまでの半年。政治の混乱を目の当たりにして、最も大切な分野だと知った。しかし、私が学んできたことは理系の分野。全く一歩からのスタートとなった。何か遠回りをした感じはしたが、決して無駄ではないと思っていた。

 早稲田大学の雄弁会というと、政界でも有名(私は雄弁会に所属していなかった)だが、1993年にある方から代議士を目指す早稲田の先輩がいるから応援をしてみないかという事で、愛知県の一宮市へいくことになった。ここが私の政治家としてのスタートの地となった。

 政治とは何なのか?後援会活動とは?選挙はどのようにするのか?

 正式な秘書は私一人であり、本人も私がある程度政治を知っているだろうと思っていたのだと思う。何も相談をかけることもできず、また質問したことについても明確な回答は無かった。おそらく候補者自身が何も分かっていないのだという事だった。

 政党が、民社党のためほぼ全てが労働組合にお任せであり、選挙期間に入ると組織が入ってきて仕切ってしまう。其れまでに準備したものは全て吹っ飛んでしまう。やはりそうなってしまった。

 相談相手は、後援会の一部の人。どちらかというと自民党的選挙を知っている方。さらに、事務局として雇われている、数人の事務員。明確な政治理念も選挙の方法も持っているわけでなく、とにかく国政選挙というのに、私のようなものに重荷が押しかかってくる。

 民社党の幹部と一晩中顔を突き合わせ学習会をしたのだが、赤子に数学を教えるようなものだった。全てが始めての言葉、初めての経験だった。労働組合すら中身が良く分からないまま。

 1993年1月事務所に入り、半年間の後選挙に突入した。自民党は負け、下野した。全国的に野党が勝ったが、わが陣営は、1800表差で負けた。8万表の戦いだけに全くの惜敗であった。悔しかったが、内心勝ってしまったら選挙を甘く見てしまったと思う。本人には申し訳ないが、負けて当然としか思えなかった。本人は当選していれば大きく人生が変わっていたかもしれないが。

 小泉郵政選挙で当選した方々も、一応は代議士と呼ばれることになるが、本物は何人いるかが問題だ。間近に迫った選挙が其れを証明することになろう。

 今日その一宮へ行ってきた。ちょくちょく足を運んではいたが、スタッフの何人かと会った。そして、私の政治の原点の地だと確認してきた。後援会の主要メンバーがなくなっていた。10年後を考えると寂しい感じがする。高速道路もでき、近くなった今、もっと交流を増やしたい。本当にお世話になった方々に感謝の気持ちで一杯です。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

親の心子知らず!

 厳しい経済状況の中、家計も大変厳しくなっている家庭が多いのではないかと思います。我が家も例外ではありません。しかし、家計の実態を把握することは難しく、さらに説明することはもっと困難です。

 私の親は決して苦しいという事を口にはしなかったのですが、父の死後、母の口から厳しかった時のことを聞かされることが多くなりました。信じられないことが多いのも事実です。

 決して子供に心配をかけることなく、希望の道を歩ませてやりたいと思ってくれていたのだと思います。父自身が望みをかなえられなかったいう事も聞いた事があります。

 私は甘えて3年間も浪人をしました。もちろんアルバイトもして苦労らしき事もしたとは思っているのですが。

 今子供ができ、子供たちに苦労をかけまいという思いは強く、一人で苦労を背負っていくことには何の不満も無いのですが、果たして子供たちにとってどうなのかと思うのです。

 厳しい状況を知った上で家族の一員として、子供なりに考えることも必要なのかもしれないと思うのです。

 子供の前で、見栄は良くないのかもしれません。強い親でいたいと思うのですが、もっと子供にも本音の世界をぶつけることも必要かと。弱い部分を知らせることも大切な事なのかもしれないと。
 
 子供も大きくなっていく中で、親の世界を知らせることが、本当の教育なのかも知れません。いつまでも一緒に生活できるわけでもなく、いつか独り立ちのときが来ると思うと、今日はそんな事を何故か考えてしまいました。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ


posted by 森よしと at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

朝から行事目白押しでした。

 朝7時には「美化運動」があり、道路のごみ掃除から神社の春祭りの準備など、地域総出で開催されました。小春日和というより、真夏を思わせる日となりましたが、まだ朝は肌寒さを覚えました。

 一家最低一人は参加されますが、子供たちのボランティーアーという事もあり、子供たちのいる家庭は家族全員で参加をすることが多いようです。

 今年の私たちの組長さんは、お年寄りのため大変気の毒だとは思うのですが、息子さんが帰ってこられたらいいのにと思ってしまいます。集めたごみを西洞のごみ集積場まで持っていくことも大変です。今日は天気もよくお二人で運ばれましたが、今後お手伝いをしたいと思っています。

 11時からはバーべキューの準備でした。私は行事があって最初少し顔を出せたのですが、後は皆で進めてもらいました。3時に帰ってきた頃には、若い衆はべろべろになっていて、初めてこういった楽しい会を企画してもらったと喜んでおられました。

 若いメンバーでもなかなか話す機会は少ないことが分かりましたし、名前もそれぞれ知らない様子です。また私の参加できる時にでも企画したいと思っています。

 13時からは春の宮祭りがあり、厳かに神事が行われました。わが地域では、祭りは秋にのみ行われるのですが、春は一年の安全と五穀豊穣を願って、神様をお迎えする儀式なのです。昔から大変重要な事なのですが、どんどん簡素化され、ごく一部の人たちで済まされるようになったみたいです。市会議員として参加させていただいていますが、ありがたいことだと思っていますし、本当に一年間無事に過ごせますようにお祈りをしてまいりました。神事の後の直らいを欠席し、白鳥町へ向かいました。

 1時半から「結婚セミナー」が開催されるという事で、一応来賓という事で遅れて参加をしてきました。「婚活」ということばが、最近流行り今のご時勢を象徴する言葉ではないかと思っています。

 一通りの講義を聞かせて頂きました。大変参考になりましたし、おそらく私では教えることのできない内容でした。私は、どうしても考えが古いのか結婚と意義だとか、幸せといった硬い内容になりがちですが、講義では見た目とか、技術的な話がほとんどでした。

 予想はしていたのですが、あくまでも彼らはビジネスとして捉えているわけですから、おのずと薄っぺらい話にならざるをえないと思います。

 しかし、今日参加していた人たちには大いに必要な内容で参考になったのではないかと思いますし、私も面白く聞かせていただきました。一番の感想は、結婚詐欺師は今日のテクニックをまさに駆使して女性をだますのだろうという事です。

 「結婚塾」のようなものを求める人は、不器用でなかなか出会いの場もない人たちなのだと思います。しかし、私は彼らにいい相手を見つけてあげたいと願っています、おそらく彼らは、出会った人を最後まで愛するのではないでしょうか。「正」しいという字は、一つにとどまると書きます。真の幸せは、そういったところにあると信じます。

 結婚は、本人たちの問題であり、社会の問題、ひいては国家次元の問題なのです。とにかく、お節介な人間が必要なのです。ビジネスと分かっていても、利用して結婚はしたほうが得だと思います。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ



posted by 森よしと at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

岐阜高鷲会に参加してきました

 年に一回の割合で、高鷲から出て都会で活躍されておられます皆さんの会があります。私も昨年の当選以来2回目の参加となりましたが
ふるさとをこよなく愛しておられるが故に大いに盛り上がります。

 大体どこの出身で誰と親戚だといった話になりますが、なんといっても60歳を越えた方が多く、知り合いは一人もいません。しかし、話をたどっていきますと、大体理解できるのです。

 年に一回なので、残念な気もしますが、今後大切にして行きたいと考えております。お酒を注ぐにも時間に制限があり、全員の方にはお酒も告げず、話も充分にはできないのがとても寂しくてなりませんでした。

 とにかく話し出すとどんどん深みにはまって次の方にに行けないのです。名簿をいただきましたので、後日訪問をしたいと考がえております。

 この会もやはり様々問題が多く存続が危ぶまれているようでしたが、22年続いたこの会を益々発展させて欲しいと話をしてまいりました。

 ただ、交通の便が良くなったとかではなく、もっと本質的な次元での交流が必要なのだと思います。「高鷲は便利になりました。ところが、長男坊に嫁が無く子供の声が聞かれない社会になっています。本当に故郷を思うのならば、都会からでも嫁を探す世話焼きになってください。」とお願いをしました。

 高鷲だけの問題ではないと思いますが、この問題を乗り越えた地域が今後元気になること間違いがありません。視点を変えた地域づくりが結婚の問題だと思います。

 全ての方々と会話できなかったことが心残りです。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ


 
posted by 森よしと at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

「ユーミン」こと松任谷由実という人

 昨晩ニュース「ZERO」で、松尾キャスターと松任谷由実のマンツーマンの対談をやっていました。なぜか引き込まれるように見てしまいました。

 私の世代はもとより幅広い世代に人気を博していることは知っていましたが、どうも理解できないままでした。飛び切りの美人という事でもなく、何故あんなにもてはやされているのかが納得いかないでいました。

 もちろん歌を聞いた事も無く、ライブに行ったこともありませんでした。松任谷由実55歳。私とそんなに年齢も離れていませんが、カリスマをもった人物だと思えたのです。

 松尾キャスターの質問はどこまでも陳腐で、政治家か経済人のものでしたが、ユーミンが話し出すと何かオーラを感じるのです。低音の中に落ち着いた感じを受け、静かな中にも迫力を感じました。

 特に、今回のアルバムを作成するのに、3年かかったといっておられました。人は、ユーミンを天才と思っていて、すぐにでも音楽が浮かんでくるとでも思っているのでしょう。しかし、彼女は生みの苦しみを常に背負い、身もだえするというのです。

 今回は、完成でに3年かかってしまったそうです。コンサートでも常に新曲を披露し、決してかつて売れた歌だけでは満足ができないといわれます。

 天才とは、飽くなき挑戦をする能力だと思います。常に本心の納得いく芸術を追い求めていけることだと思うのです。彼女の中に人生のヒントを得たように思います。

 マンネリ化との戦いが頭をよぎる毎日ですが、時間をかけてでも本心の満足するものを見つけ出して行きたいものです。政治の世界でも新たな分野を模索し続けます。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ

 
posted by 森よしと at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

プレミアム商品券にしたほうが得でしょうか?

 何となく、郡上市民が商品権を買った方が得かどうかを天秤にかけている様に感じるのです。

 五日が終了した現時点で、売り上げ8874セット。全体の25,35%に留まっています。2日前が6422セット(18,35%)
 八幡 2997セット。(2日前 1993セット)
 大和 1427セット。(     995セット)
 白鳥 3189セット。(    2531セット)
 高鷲  409セット。(     304セット)
 美並  248セット。(     176セット)
 明宝  330セット。(     194セット)
 和良  274セット。(     229セット)
という事でした。

 私も売り上げに貢献してきましたが、いざ使用する段になると、どうしても高鷲で買わなくてはならないもの、という事になります。

 私の場合は、中学生に上がる子供の征服。すでに購入する店が決まっていまっていますので。さらに必ず使用する店の支払い。仕事柄多少高くても高鷲の小売店や酒屋さんを使うので。

 しかし今回の商品券は、商工会未加盟の大店舗のバローやカーマホームセンターでは使えないのです。若い人たちはやはり安さを求めてそういった店に行くと思います。ましてそういったお店が、この期間だけでもいつもより安売りのキャンペーンをしたら、商品券の意味がなくなってしまいます。

 もう一つ売れ行き低迷の理由は、まだ充分に市民の皆さんにいきわたっていないという事だと思います。私の後援会便りがせめてものお役に立てれば良いと思っています。

 全部販売されて、3500万円がどこかのお店に落ちることになるのですが、果たして消費者にはどれほどの利益があるのでしょうか。

 消費者視線で考えられていないことに大きな問題があると思わざるをえません。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
posted by 森よしと at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

同じ世代の子供を持つ親御さんがなくなるのは本当につらい。

 前を見ると郡上高校のPTA会長が見えた。お焼香のとき声をかけたが、何故彼がいるのか不思議だった。お焼香のあと野田校長先生もおられ挨拶を交わした。

 という事は、故人の子供さんが郡上高校の生徒だという事だ。校長先生に確認をしたところ2年生の生徒だという。私の娘と同じだった。

 白鳥町前谷の方で、私より一才年下の方。子供も3人はみえた。私の後援会長の娘さんのご主人に当たるため、葬儀に参列させていただいた。実はかつて、郡上PTA連合会の役を一緒に一年だけ務めた。始めは前谷の人とも知らず、ただ会話をしていた。今日の話を聞くと、その直後に発病されたことになる。

 平日にもかかわらず、大変に盛大な葬儀となった。葬儀開始時刻になってもどんどんといすを並べなくてはならない程。

 同級生の代表のお別れの挨拶があった。本当に皆から親しまれ続けた人だという事が良く分かった。胃癌とわかった時にはもう手遅れだったという。他に転移をしていた。相当我慢していたのだと思う。

 しかし、見舞いにこられる友達には心配をかけまいと気丈に振舞っていたそうだ。急に悪くなったといっていたが、かなり家では苦しんだと思う。

 決して助かる見込みの無い人と生活しなければならない苦しみは如何ばかりかと思う。また、まだ幼い子供たちを残して死んでゆかねばならない気持ちは如何ばかりかと。

 悲しすぎる葬儀だった。子供たちのために体を大切にしなくては。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
posted by 森よしと at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

勘違いは恐ろしいものです。

 「森よしと議会便り」を配達中ですが、150軒ほど回ったところで、今回の予算の目玉である、定額給付金が振り込まれているという事でJAのATM機まで行った後、商工会のプレミアム商品券を買いに行ってまいりました。

 皆さん私の広報を読んでいただいているのだと痛感もいたしましたが、「森さん、プレミアム商品券の記述に誤りがありましたよ」と指摘をされました。

 広報には、「1軒」に付き5万円までという制限が記されていたのですが、実際は「1人」につき5万円が、正しいというのです。瞬間は理解ができませんでした。と申しますのも、市が予算化した部分は、3億5千万円の10分の1、つまり3500万円でしたので、そんなに大きな額ではないという感覚を持っていたためです。

 給付金総額の半分が3億5千万円ですから、何か証明書でも持っていかなくては変えてもらえないのかとまで考えていました。しかし、そんな事は無く、給付金を受給した人なら誰でも5万円までは購入できるというものでした。かなり速く消化されてしまうのではないかと思っていますが。

 先にお配りした150軒の皆様には深くお詫び申し上げますとともに、誤った情報について反省し、今後そのような事がなきようにいたしますのでよろしくお願いします。

 商工会については、もっとしっかり確認をすべきだったと反省しきりです。

 ところで、そのプレミアム券そんなに売れ行きが良くないようでして、商工観光課に確認しましたところ、10日からの平日3日間で、6422セット(18,35%)、八幡1993セット、大和995セット、白鳥2531セット、高鷲304セット、美並176セット、明宝194セット、和良229セットという事でした。

 ただ、今日から実際に現金が支給されますので、数字も伸びるのではないかと思います。私も5万円購入しましたが、妻と相談してもう5万円は購入してもいいと思います。

 議会で、使用可能な店の名前をリストアップしたほうがいいという意見があったのですが、そのことについては実行されていなかったようです。また明日以降確認をいたします。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ
posted by 森よしと at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。