2009年06月10日

「郡上市立小学校及び中学校遠距離通学児童・生徒通学費補助規制」という不平等

 平成16年3月1日に合併して以来、未だ平準化されていない現実の一つです。教育委員会規則第11号。

 (目的)通学費を補助することにより、保護者の負担軽減を図り、義務教育の円滑な運営に資するものとする。

 遠距離通学とは、通学距離が小学校児童似合っては4km、中学校生徒にあっては6km以上のものを言う。特殊学級の児童生徒及び郡上市教育委員会が特別に認める児童生徒に係わる場合については通学距離を問わない。

 委員会は対象保護者に対し補助金を交付する。

 といったものなのですが、ホームページにもありますのでご覧ください。八幡町、大和町、白鳥町、美並町、和良町については多少違いがありますが、合併前から規定があったようで今もそのまま続いています。他の2町、高鷲町と明宝については市になった今も規定がありません。

 各町村によって違いがあるのもおかしなことですが、全くないのも変な話です。高鷲、明宝については今まで不必要だったと予想できますが、今後何があるか分からない以上規定だけは作っておく必要がありそうです。現に今でも一名、かつては2名ほど対象になる生徒がいるのです。

 細部にいくとまだまだ整理されていない不平等な部分が如何に多いかと思います。議員が少なくなった今声を大にして訴えなければ、高鷲のような過疎地域はあっという間に荒んでしまわざるおえないのです。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

市有林視察(八幡、美並地域)

 市有林管理特別委員会で、第2回目の視察に行ってきました。第1回目は、白鳥、大和地域でしたが、今回は南部を回ってきました。この特別委員会の意義は、かつての木の価値が高い頃とは大きく変わっているようです。

 木の値段が高い頃は、町や村の大切な財産であり、何か事業をするときには材木をお金に換えて使うことができたわけで、お金の管理などもかなり大変だったとお聞きしました。

 しかし、外材に押されてしまってからは、収益はなくむしろ管理が大変になってしまっています。ところが既に40年50年ものの立派な材木もたくさん有り、すぐにでも利用できます。木が育った頃には、値打ちがなくなってしまったのです。
 
 今日回ったルートです。

 @有坂市有林の八幡大和造林(保安林43,66ha)平成22年まで保安林整備事業(5ha)

 A車坂私有林(6,91ha)城山の一部 初めてお城より上に行きました。

 B谷ヶ洞市有林(18,73ha)元西和良財産区 平成16年4,87haを間伐。平成18年県モデル事業で境界線を明確にした。

 C美山本洞市有林(40,55ha)

 D釜ヶ洞市有林(96,36ha)官行造林

 E小那比赤岩市有林(68,76ha)元西和良財産区

 F小那比ナカソレ市有林(21,49ha)昭和30年の合併に郡造林に指定。

 G美並町露路口市有林(0,11ha)

 H美並町露路市有林(17,20ha)平成20年からブラザー工業によるカーボンオフセットで年間2haの間伐をやっていただいている森林です。10年間。

 I八幡町美山上谷市有林(45,63ha)鍾乳洞を突っ切って上にあります。

 一日かけての視察でしたが、山に大変関心を持つことができました。
 
 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ

 
posted by 森よしと at 20:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

平成21年第6回産業建設常任委員会

 平成21年度6月議会が6月12日から開会する前に、上程されます産業建設委員会所管分の説明がありました。平成21年度一般会計補正予算、商工振興・観光振興ビジョン策定について、市営土地改良事業の変更について、字区域の変更について、平成20年度郡上市土地開発公社決算並びに事業報告について、水道会計繰越明許費繰越計算書の報告。

 特に下水道料金等統一検討会議の検討状況について
5月14日 第5回会議、6月5日 第6回会議を持ってほぼ意見が出尽くした状況。7月6日 第7回会議において統一料金を取りまとめて、9月議会に上程する方向だそうです。

 農林水産部関連予算(主なもの)として、上程予定。
@白鳥ふれあいの館屋根修繕費      1,113,000円
A高鷲農畜産物処理加工施設 天井板等修繕費 819,000円
B同           牛乳瓶詰機修繕費 914,550円

 建設関連予算(主なもの)として、上程予定。
@道路除雪費備品購入          4、685,000円
A白鳥駅周辺整備に伴う、造成地不良土及び廃棄物処分費
                   12、330,000円
B公有財産購入費・需用費白鳥駅周辺  43,489,000円 
C林道中美濃線(八幡)災害復旧     2,647,000円

いよいよスタートいたしますが、一年が経過しもっと発言を増やしていきたいと思っています。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ

 
posted by 森よしと at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

第19回「藤原頼保公」顕彰会の開催

 高鷲の鷲ヶ岳は、頬を撫でる風が爽やかな一日となりました。海抜1700メートル級の山並みは登山を楽しむ方には手ごろな山だと思います。

 その山の中腹に「藤原頼保公」の記念碑があり、登山を楽しむかたならばよくご存知だと思います。ところが高鷲の住人でもあまり知られていないかもしれません。

 「高鷲」という地名の由来は、藤原氏が鷲狩りに中央から派遣されてこの地の先祖の立場に立ったことらしいのです。大鷲、鷲見(わしみ)、向鷲見といった地名がそれです。その後末裔は鷲見家として、代々伝統を守ってきました。今の山県市に、また尾張の方にも勢力を拡大した証は、その地域に鷲見という名字が多いことからも良く分かります。

 高鷲には比較的文化的財産が少ないのですが、今から1200年も前となります、奈良・平安の時代にまでさかのぼった歴史がここにあるのです。伝説の域を出ないわけですが、顕彰祭も19年目を向かえ、そろそろ本物の地域おこしにつなげることはできないものかと考えさせられます。

 645年の大化の改新から210年後に記された文禄実録に初めて、郡上郡という地名が登場いたします。その頃までさかのぼる歴史であり、先輩方が顕彰を考えられましたことに敬意を表したいと思います。
 
 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ

 
posted by 森よしと at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

ダイナランンドスキー場「ゆり園」にお越し下さい。

 「梅雨」が開ける少し前、7月11日からゆり園が開園いたします。4年目を迎えますが、今年もすばらしい風景をご満喫いただけるものと思いますので、足を運んでみてください。

 私は営業マンではありませんが、すばらしいい企画だと思って、大いに応援をしています。高鷲の大切な名所のひとつになりつつあるのです。道路やメディアの発展の影響は大きく、あっという間に世間の知るところとなりました。

 私も郡上市外の方にほぼ4千枚のチケットをお配りしました。既に計画を立てたといった報告をしてくださる方が見えて、今年はかなり来場者の数も伸びるのではと、勝手に期待をしています。

 地域の活性化は、みんなの手でやることが大切だと思います。すばらしい企画や知恵には大いに応援をさせていただきたいと思います。

 今日は下呂市を訪問しますので、あちらにも紹介をしてきます。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ



 
posted by 森よしと at 09:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

一般質問の順番が決まりました。

 今朝一般質問の順序を決めるくじを引くために市役所に行って参りました。21名中18名が、登壇されるという事で、私は最後のほうでくじを引くことになりました。8番くじを引き、一日目の最後という事になりそうです。

 一通り他の議員の質問内容にも目を通しましたが、私の質問と重なるものはなさそうでしたので、ほっとしています。

 今日の通告と同時に市役所の職員が一斉に動き出すことになりますが、今日も携帯やら自宅の電話に連絡がありました。

 今回の6月議会は、一般質問がメインであり、特に大きな議案があるわけでもありません。さらに一問一答方式になるといった始めての企画でもあるため、少し緊張もされているのだと思います。質問する側も大いに勉強が必要ですが。

 さて、議会が終わりますといよいよ衆議院選挙が待っています。その準備にかからなくてはならないのですが、国道沿いに立ててあるのはとにかく民主党候補者のポスターばかり。

 個人ポスターは、選挙から6ヶ月以内になりますと掲示できなくなります。そこで政党ポスターに3分の1くらいの面積で、写真を載せて貼るのですが、それも自民党候補者は一枚も貼ってありません。他の選挙区へ行きますと、少しは見受けますが、4区は一枚もありません。どこにそんな自信が?

 選挙に油断は大敵だと思います。今の時代大臣だから間違い無しといったことは、いえないのです。とにかく本人の緊張感が伝わってこないことが心配です。

 何故か最近テレビに映るのは、鳩山兄弟ばかり。お兄さんが今までになく、逞しくみえるのはわたしだけでしょうか? 弟さんは郵政の西川社長の進退問題で、自民党の内部を揺さぶっている?ようにも感じてしまいます。なんとなく鳩山兄弟の連係プレーにも見えなくないのですが。麻生さんも大変です。足元から火がつきました。

 マスコミの影響は、大きいのです。今のところ民主党が再度人気を回復しつつ見えます。自民党という政党では戦えないのです。本人の覚悟と、後援会の頑張りなくなくして、勝てないのです。自分党(自民党)は、今までもそうやって勝ち抜いてきた政党であることを忘れてはなりません。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

一般質問の通告期限の明日がやってきます。

 一般質問の題材探しの苦しみを避けることはできません。常に前向きに、そして全てに耳をすませていなくては、真に必要な題材を見つけることはできません。3ヶ月に一回の議会に間に合うように努力をしております。どうか何かありましたら、教えてください。
 
 明日が6月議会のメインとなる、一般質問の通告期限です。ようやく大枠だけは考えたのですが、詰めはこれからです。これから1週間は、市役所のみならず関係者をたずねて情報収集に励みます。

 4つのことを質問したいと思っています。時間の関係と他の議員とのダブリで3つに絞ることも考えられますが。

 1、教育関係(教育長の管轄範囲)
   幼・保一元化問題と教育長の関わり!
   PTAへの補助金の復活を!
   高校卒業生への就職支援!

 2、婚活時代(市として婚活を支援できないものか?)

 3、高鷲の高原地帯をスポーツメッカに

 4、道路の環境整備

 しっかり準備をしたいと思っています。この時期夢にも出てきますが。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 22:06| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

衆議院選挙は「小選挙区・比例代表並立制」で行われます。

 「いつ解散?」といっても、とにかく9月10日が期限です。それまでにはあるのかと思いきや、奇策があるらしく9月10日に臨時国会を召集してそこで解散を打てば、なんと10月18日まで伸ばせるといった新聞記事を目にしました。

 そこまで伸ばせば、景気が良くなって連立与党に優位になる事もあるのでしょうか? もしくは自民党の顔を据え変えるには充分な時間が有りそうとでも言うのでしょうか? 確かに何があるか分からないのが政治だという事は、私も経験をしているつもりでいるのですが。

 さて、いずれにしても衆議院の選挙は、「小選挙区・比例代表並立制」で行われることになっています。小選挙区が300、岐阜県は5選挙区です。比例代表が180、東海ブロックは21人です。

 小選挙区に立候補をしている候補者は、比例名簿にも登載できます。そして仮に小選挙区で負けても、比例で復活当選する可能性もあるのです。先回の選挙では、1区の佐藤ゆかりさんは、野田聖子さんに負けましたが、復活当選でした。3区の民主党衆議院議員園田さんも、武藤容治さんに敗北後、復活当選でした。いわゆる各政党内で惜敗率の高い人から順に当選になります。

 東海ブロックとは、愛知県、岐阜県、三重県、静岡県の4県です。この中で自民党王国といわれるのは、わが岐阜県だけです。

 そこで今回の選挙の大胆予想ですが、岐阜県は5区全部に2人の衆議院議員が誕生するのではないでしょうか?先回は2人でしたが。地方議会もいよいよ政党の戦いを受け入れざるおえないのかも知れません。

 今はオール与党の議会運営ですが、そうなりますと今までとは全く違った苦労が出てきます。執行部も大変になります。

 いずれにしてもここまで来てしまったといった感じです。国政と地方議会が一蓮托生の時代なのかもしれません。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ



 
posted by 森よしと at 23:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

「ガイヤの夜明け」を見て!

 大変な経済不況の時代の突破口になるのではないか、「片付け」「掃除」がキーワイドになるといった番組でした。人員削減をする前に、やるべきことなのでは?二つの例がありました。

 一つは、受注が減って元気をなくしつつある建設会社。社内を見ると書類の山で、仕事の効率も悪く、お客さんに対するイメージも悪くなってしまっています。「片付け士」と名乗る人物によって、社内は2週間ほどで、すっきりし社員の気持ちも前向きになったようです。とかく湿りがちな時代に整理整頓、さらに清掃は気分を一新したというものでした。

 もう一つは、島根県益田市の教習所の取り組みでした。この10年で全国100箇所の教習所が閉鎖される中、この益田ドライビングスクールは昨年6,000人の生徒を全国から集める取り組みに成功し、全国6位の地位を確保する人気振りです。

 全国から集まった教習生は、寮生活をすることができますが、開放感のある場が多くあるのと同時に、掃除などボランチィアに対するMマネーなるものを交換に渡し、教習所内で使用できる仕組みになっています。

 大変考えられたもので、地域の活性化にも大いに繋がっているそうです。多くの若者が全国から訪れることもありますが、卒業生の間にも強い絆ができるのです。特にトイレ掃除をするとき先輩の指導で後輩が習って行うわけです。失敗してもトイレを掃除しながら、冷静さを取り戻すこともできるといいます。

 会社の経営にも大切な事だと思います。掃除で活気を取り戻し、社内の意識改革をし、新しい経営理念を作り出すこともできるのではないでしょうか。

 大変示唆にとんだ内容だったと思います。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ


 
posted by 森よしと at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

就職支援に総力を!

 百年に一度といわれる経済不況。多くの現役世代が職を失っている報道が絶えません。特に子育て世代の私としては、親御さんの経済状況が大変気になるところです。「つぶし」の利く人はいいのですが、不器用な人はそう簡単に転職も難しいのではないでしょうか?

 国も失業者に対しいろんな資格をとる訓練の場を準備しているようですが、死に物狂いになってでも乗り越えていかなくてはならないと思います。皆さん共に頑張りましょう。

 親の収入が減少していることが原因なのでしょうか、郡上高校でも例年になく就職希望者が多いといった報告を受けたのはついこの前のことです。(ちなみに東大生の約50%の親が、950万円以上の所得者だそうです。)

 現在失業率は5l。年内にも過去最悪だった2004年の5,5%を越える予想です。完全失業者数も255万人から346万人と100万人近く増加。過去最悪だった385万人に近づきそうです。

 4月の有効求人倍率は0,46倍で、過去最悪だった1999年の5月6月の水準に並びました。一番の悲劇は派遣社員や期間従業員、請負などの非正規労働者。6月末までに約21、6万人が失職するといいいます。

 来年の3月に雇用状況が改善されていることを願うものですが、高校生が卒業をしても職がないようでは、あまりにも可愛そうです。人生の新たな旅立ちともいえる就職を何とかしてあげなくてはならないと思います。

 高校の進路指導だけでは対処しきれない状況を呈しています。何とか今から来年の準備をして上げられないものかと考えています。行政が知恵を絞って対応すべきではないでしょうか。切実な事態です。 

 今回の一般質問のテーマの一つにしたいと思っています。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ
 
posted by 森よしと at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

もう5月も最後の日を迎えました。 

 月日の経過するのはなんと早いことでしょうか。今日で5月も終わります。今月は季節の変わり目なのか、多くの方がお亡くなりになられました。

 今日もある方のお通夜に参列したのですが、大往生の98歳という事でした。通夜の読経の後のご住職の言葉が大変に印象的でした。

 「愛」の反対の言葉は何でしょうか? 普通に答える人であれば、「憎しみ」「怨み」といった言葉が浮かびますが、「無関心」だといいます。これは、かの有名なマザーテレサの言葉だそうです。

 今の世がどれほど、「無関心」という社会になってしまっているのでしょうか。それは自分のことしか考えることのできない自己中心の故だと思います。最も罪深いことは、自己中心だといえます。

 なくなられた方の法名の中に「悦」という言葉が入っているという事で、この真の意味が多くの人に関心を持つという事だそうです。

 大往生の影には、人の事を思う人生の生き方が隠されているのかもしれません。ご冥福をお祈りします。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ
 
 
 
posted by 森よしと at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

第39回岐阜県みどりの祭り(源流の森からのメッセージ 〜森と人 いのちのつながり〜)開催

 第1回は垂井町で開催されたとお聞きしましたが、高鷲ひるがの高原多目的広場において、第39回「岐阜県みどりの祭り」が開催されました。郡上において岐阜県主催のイベントの開催は大変珍しいと思います。予想に反し、天候にも恵まれて、古田県知事をはじめ多くの来賓に来ていただけた事は本当にありがたいことだと感謝に耐えません。

 何のお手伝いもできませんでした、郡上市の職員の皆様、関係の方々に深く感謝と敬意を申し上げます。朝会場に着きますと、黄色いジャンパーを着た多くのスタッフがスタンバイをされており、すばらしい祭典になったと思います。ありがとうございました。

 9時半から、ひるがの分水嶺公園にて魚の放流が行われました。緑の祭りでは始めての企画だという事です。来賓はもとより皆さんに分水嶺の存在や、実際の風景を見ていただきよかったと思います。ベテランの市議会議員の中にも知らなかったという方がおられたことには少々驚かされました。合併から5年経過していますが、北は高鷲から南は美並まで広く長いこの郡上が結束を見るには長い時間が必要なのだと再認識しました。

 日本海に「やまめ」を、太平洋には「あまご」を放流されました。2つの魚はほとんど同じに見えますが、「あまご」には赤い斑点が付いています。海に出て「やまめ」は「さくらます」に、「あまご」は「さつきます」になって帰ってくるのだそうです。

 9時45分からプロローグで、ヴァイオリンの演奏を聞かせていただき、緑の山々に響き渡るすばらしいものでした。本当に晴れやかな一日でよかったと思っています。

 10時から式典です。

1、開会宣言(みどりの少年団)
  明宝小、小川小、明宝中学校児童生徒

2、主催者挨拶 
  古田知事 
 3年前に下呂市萩原で天皇皇后両陛下をお迎えした「植樹祭」、来年は関市において海のない県主催の「第30回全国豊かな海づくり大会」、さらに平成24年は「清流国体」と銘打って、岐阜県で国体が開催される。このように、過去から未来へと私たちは常に緑を守り育んでいるのです。 
 
  早川県議会議長(緑の募金推進委員長)
 昭和45年から募金活動を続けており、手入れすべき山林は極めて多く弛まず今後も進めて生きたい。

3、歓迎の言葉
  日置市長
 郡上市に降った水は、長良川、木曽川、九頭竜川、庄川を伝わり海へ流れ、海で一つになるのです。高鷲独自の乳製品もご堪能頂きたい。

4、各種表彰

5、新規結成みどりの少年団へ団旗授与

6、バイオリン演奏

7、来賓挨拶
  藤井参議院議員
 (ご自分でも山の管理をされ、大切であると同時に大変な事です、という話でした。)
  
  松田参議院議員他

8、次年度開催市長挨拶 土岐市長
 陶磁器の町、土岐市。土を掘ることから緑がなくなり、高鷲のような緑の環境はありませんが、そこからの緑を増やす努力を見て欲しい。 

 高鷲の児童生徒は全員今回の祭典に参加しました。私の息子・娘も行ってきたのですが、大変喜んで帰ってきました。郡上市全体の子供たちも参加できなかったのかと思っています。

 懐かしい顔にも出会うことができました。県議会議員も何名か見えましたし、市町村長の方々もお会いできました。しかし、郡上のスタッフも顔までは一致しないのでしょう。かなり、ご迷惑をおかけしたのではないかとも思いますが、最高の季節を見ていただき、かなりポイントが上がったことは間違いないと思います。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ
 
 


      
posted by 森よしと at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

「議員バッジ」の重み!

 議員バッジを身につけないまま、テレビに出たり公衆の場に顔を出したりしていた国会議員がかつてもてはやされましたが、議員バッジをしていないと、議場には入れてもらえないのです。議場を使用しない常任委員会や全員協議会はバッジをつける必要はありません。

 小学校の時、国会議事堂を案内され見学をした記憶がうっすらと残ってはいますが、初めてで何がなんだか分かりませんでした。まして、地方の議会の議場など見られた方は少ないのではないでしょうか?かく言う私も政治に携わっていながら、地方議会の議場に足を運んだことは皆無といっても過言ではありませんでした。

 議会のないときであれば入っていただいても結構ですし、一般質問のときなど傍聴に来ていただけますと、元気が出ると思います。是非足をお運びください。

 私も最初のとき失敗したのですが、「議員バッジ」を忘れてしまいました。しかし、議会事務局も心得ておられまして、予備のものを手渡してくださいました。良くあることなのでしょう。そのとき以来、バッジのことはしっかりと確認をすることにしています。

 しかし、それでも背広が変わったりしますとふと忘れることがありますが、いちばん気にかけているところです。

 何か議員バッジをしていますと、偉ぶっているやに感ずる方もおられると思いますが、市民の代表という重要な立場であるという自覚のもとにさせていただいているという事を知っていただきたいと思います。

 最近は「議員バッジ」の重みを感じています。郡上市の最高決定機関である議会の重要さを認識して、努力したいと思っています。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ
 
 
posted by 森よしと at 23:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

平成21年第3回郡上市議会臨時会開催

 議案第123号郡上市税条例等の一部を改正する条例
 議案第124号平成20年度郡上市一般会計補正予算
 議案第125号平成20年度郡上市老人保健特別会計補正予算
 議案第126号平成20年度郡上市簡易水道事業特別会計予算
 議案第127号平成20年度郡上市下水道事業特別会計補正予算
 議案第128号平成20年度郡上市介護保険特別会計補正予算
 議案第129号高規格救急自動車の取得
 議案第130号コミュにティーバスの取得
 議案第131号緊急通報システム端末機の取得
 議案第132号郡上市議会議員、費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について
 議案第133号郡上市常勤の特別職職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
 議案第134号郡上市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について
 他

 全員協議会では、特にこれからの一般質問の形式が「一問一答方式」になるといった内容でした。試行的に行うという事ですが、視聴者にとっては聞きやすくなることと思います。

 しかし、いかに形式を変えたところで、議員の資質であり、要は中身の問題だという事です。議員のレベルが上がらない限り、何をやっても同じだと思います。一生懸命に努力することが何より大切だと思います。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ
 
 


 
 


 
posted by 森よしと at 20:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

郡上高校第2回実行委員会の開催 

 平成21年度のPTA活動の打ち合わせをしました。大変なのは、皆さん仕事を持っておられますが、各種の会議があり最低数の動員が必要になることです。

 岐阜県高校PTA定期総会、美濃地区高P連協議会、東海地区高P連静岡大会、全国高P連沖縄大会、保護者研修会(PTA教育セミナー)、その他学校内のさまざまな企画にもPTAとして出席しなくてはなりません。(学年PTA集会、学校祭バザー、通学路クリーン作戦、制服リサイクル運動など)

 ほとんど全てに会長、校長、事務担当は出席されますが、本当に仕事に支障をきたすのではないかと心配です。会長が困難なときや、もう一名といったときには、副会長から誰かをという事になります。

 私は、8月の全国大会に参加をしなければならなくなってしまいました。3日がかりなので日程調整が必要になります。勉強と思って参加をしたいと思っています。

 そして私の担当は、部活動後援会なのですが、このことでとにかく紛糾をしました。漠然とすべきことは分かってきたのですが、どこまでやっていいのか、すべきなのかが、分からず時間だけが経過をしていきます。肝腎な事は、かなりの金額になるお金の流れを明確にすることだと思っています。

 あまり無理をせず会長によく相談をかけながら進めていきたいと考えています。大変な仕事を引き受けてしまったようではあります。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

東海北陸自動車道郡上八幡IC〜ぎふ大和IC間四車線化(二期選)開通式

 平成9年に白鳥までの暫定車線が完成し、平成10年12月一宮ジャンクションが名神高速道路に接続して、交通量が急速に増加しました。その後昨年の7月5日全線開通をみ、平日は12、000台、休日は19,000台。以前に比べて4,000台の増加だという事です。

 そして「土日祝日の乗り放題1,000円効果」は絶大で、1日23,000台と跳ね上がり、渋滞記録もこのゴールデンウィークには40kmまで伸びたそうです。

 今日は、今までの計画で最後となっていました郡上八幡〜ぎふ大和間の完成を祝い開通式が行われました。但し、接続部分等が一部未完成のため、正式な利用は7月17日です。郡上踊りの発祥祭が7月11日、白鳥踊りの発祥祭が、7月18日ですから、丁度踊りシーズンには間に合う計算です。

 この不景気の景気浮揚にと麻生内閣は、財政出動に踏み切りました。未来に借金を残すことになってしまうのですが、世界中が足並みを揃えた財政出動による内需拡大政策のおかげで、白鳥以北清見までの四車線化も計画が決定しています。

 現在の計画予算では、891億円。その25%を岐阜県が負担しなくてはいけないのですが、古田知事も厳しい財政状況の中何とかオーケーを出したそうです。

 どんどん渋滞区域が北上しており、四車線化すれば解消されていることは間違いがありませんので、これからは白鳥インター付近は大変な渋滞になると思います。特に高鷲の冬のスキーシーズンは激しい渋滞です。ただ以北の4車線化が必要かはちょっと首を傾げたくなります。

 もしも政権交代があった場合は真っ先にカットされそうな路線でもあります。絵に書いた餅にならないように、単なる選挙用の話に終わらないように・・・と思ってしまいます。
 
 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

「ゆり園」の無料チケット大変好評です。

 4年目を迎えますダイナランドスキー場の「ゆり園」が大変好評なのには、驚いています。3年間の関係者のご努力が大きいのだと思います、心より敬意を申し上げます。
 
 今日で約2,000枚を配り終えました。郡上市の方々にはスキー場の方から届いていると思いますので、私は郡上市外の皆さんにお配りしています。

 美濃加茂市、美濃加茂商工会議所、県議会議員の事務所、加茂郡の各町村、国会議員事務所、知り合いの会社など。大変喜ばれていて、追加注文が絶えないぐらいです。

 後1,000枚は妻に、そして残りの1,000枚を下呂市や高鷲から出て都会にお住まいの方々に届けようと思っています。皆で地域を盛り上げることはすばらしいことだと思います。

 今年の入込みは、10万を越えて欲しいと願っています。なんといっても、土日祝日の高速道路のりほうだい1,000円は大きいと思います。地域により勝ち組と負け組みが分かれているみたいですが。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ


posted by 森よしと at 23:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

次の衆議院選挙は、自民党では戦えないと思います。

 16年前には、私は愛知県一宮市で生活をし、ある国会議員を目指す先輩を応援しておりました。その頃、現在名古屋市長になられた河村たかし氏とも会う機会があったのですが、愛知県は当時からすでに政党で戦うことよりも、本人の後援会を中心に戦っていました。

 先日、高鷲自民党支部役員会なる物が開催されまして、次の選挙に向けて、さらには任期途中の役員交代の案件について検討がなされました。

 現在の支部長は、郡上市一期目に市会議員を勤めていた山川氏です。彼は県議会選挙に立候補し落選、その後何故か市議会議員選挙にも立候補し落選しました。
 
 彼が、「自分が勤めることには本人の立場と高鷲自民党にとってメリットがない。」という事で、辞任の申し出があり、今回の会議となったわけですが、結局再任という事になりました。

 支部長の考えは、私も納得いくところで、現職でないことが全てなのです。他の地域の役員は全員現職市議で埋められていて、会議といえばほとんどが市議会の日程に合わせて行われています。

 当然、市議会議員でない支部長であれば、それに合わせて会議にも参加せざるおえないわけで、無駄も多く、代理で参加したとしても情報はなかなか伝わりにくいものです。

 以前から、高鷲は分かりにくい組織をいつも組んでいました。今回もそうなってしいました。私は、すっきりと現職議員が勤めるべきだと思っています。途中退席を余儀なくされましたので、充分に申し上げられませんでしたが、皆さん気を使いすぎだと思います。

 やめるといって啖呵を切った山川氏の言葉はなんだったのかと思ってしまいました。信じられません。参加者も彼一人に責任を押し付けるべきではありません。

 次回の衆議院選挙は、自民党といえば票が減る選挙です。つまり、自民党では戦えない選挙だと思います。日程などは、今までの様に自民党で仕切るにしても、候補者本人の後援会や説得力で望む以外にない戦いになるはずです。
 
 だとすれば、現職でない支部長がいても「労多くして、益なし。」
といわざるおえません。誰がやっても同じとは申しませんが高鷲には、現職国会議員の後援会といってはばからない人物がおられるわけですから、兼任して引っ張っていただくことがベストだと考えます。

 中途半端な取り組みは、良い結果を生みません。組織はシンプルイズベストだと思います。4区は何があっても現職優位に変わりがありませんから、大丈夫だと思います。何を恐れているのでしょうか?

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ


 
posted by 森よしと at 21:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の真ん中2009ポッカカップテニストーナメントIN郡上の開催

 「日本の真ん中2009ポッカカップテニストーナメントIN郡上(ひるがの高原)」が、5月23(土」)・24日(日)二日間に亘り開催されました。23日の開会式には、郡上市教育長が来賓としてご挨拶をされたとお聞きしました。

 私は地元の市議会議員という事で、23日夜のウェルカムパーチィーにお招きを頂き、出席をしてまいりました。和良町の太鼓の披露があり、その後に挨拶の機会を与えていただきました。まだ充分には内容も把握できていない立場での挨拶となりましたこと、まずはお詫びを申し上げます。そして、関係者の皆さんに心より敬意を申し上げます。

 回を重ね、今回が12回目(一年開催せず)で、13年目を迎えます。果たして郡上の市民がどれほどこの大会を知っておられるか大変疑問ではありますが、名古屋や信州、さらには関西からも参加をされており、民間の大会ではありますが、大切にしたい大会だと思っています。

 今回感じたのは、もっと市の関心があってもいいのではないかという事です。しかし、これも市議会議員の責任でもあり、関係者の努力が無駄にならないようにしていきたいと思います。

 テニスの夏合宿は既に、さまざまな大学がひるがの高原を利用されているそうですが、高速道路ができ交通の利便性が良くなった今、さらに多くのスポーツでも活用をしていただきたいと思っています。

 今シーズンは、スキーの来客数も多くなりましたが、オールシーズンスポーツのメッカとなればと思っています。夏合宿では、ラグビーの社会人や大学のオファーがあり、何とか高鷲地域を利用できないかといった話があるそうです。

 何とか実現できないものかと考えています。なんといっても産業の少ない地域です。しかし、環境に恵まれ、今後さらに継続的に、発展させる地域にするために、いま、何をすべきかを考え実行に移していかねばなりません。

 「スポーツメッカ」まさに高鷲に相応しい言葉だと思います。

 今回の内容を紹介しておきます。

 主催 ひるがの高原テニスイベント実行委員会

 後援 郡上市・郡上市観光連盟・高鷲観光協会

 特別協賛 株式会社ポッカコーポレーション

 大会長 松野孝広(株式会社ポッカコーポレーション)

 実行委員長 清水 肇

 プロデュウーサー 川合博保

 トーナメントディレクター 安宅美弥子プロ

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ
posted by 森よしと at 20:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

高鷲地域審議会に参加しました。

 議員にさせていただき始めて、地域審議会なるものにお声賭けを頂き、参加してまいりました。昨年何故か参加しておりませんでしたので、大変興味もありました。

 もともとが「新市建設計画」のホローアップにと組織されたものだそうで、役割としては既に終えているといえます。一方で「合併後10年間は置く」という決定事項だといいます。今後活動するとしますと、予算付けをはじめ、メンバーなどの検討等も必要なのではないかと思います。

 日置市長、松井公室長、山田総務部長がこられてのミーティングとなリました。おそらく読者もご存じ無いと思いますので紹介をしておきます。何かありましたら、役員の方にご相談されると良いのではないでしょうか。

 会長ー上村悟氏(正ヶ洞、元合併協議会委員)、副会長ー長尾幹氏(切立、元高鷲村参事)、林幸男氏(向鷲見、公民館長)、山下公明氏(鮎走、元高鷲村助役)、吉田孫太郎氏(中洞、自治会連合会長)、平井道則氏(正ヶ洞、商工会高鷲支部長)、山畑光知哲氏(ひるがの、高鷲観光協会理事長)、蓑島誠一氏(鮎走、森林組合理事)、上村ひとみ氏(正ヶ洞、前女性の会会長)。地域的に見ても偏りがありますし(西洞、鷲見、上野がメンバーに不在)、団体的にも検討が必要なのではないかと思います。

 たとえば、教育的な組織が入っていませんし、山彦会やNPOなども参加してもらえないかと思います。むしろ規制の団体より活発なのではないでしょうか。商工会などは、事務局一人の体制になるそうです。今後審議会をもっと充実したものにしようと思えば、根本的な見直しが必要でしょう。

 高鷲町からは、日置振興事務所長、振興事務所の課長級、そして市議会議員2人。私などは、招かれ名立場で、最後にコメントを求められましたが、どうも違和感を覚えざるおえませんでした。市会議員は祭り上げておけばいいというように感じてしまうのは、私の「さが」でしょうか?

 一通り市からの説明があり、質問も出されましたが、広報等で周知の内容や既に解決している問題がほとんど。貴重なご意見もありましたが。私も一生懸命努力しているつもりですが、市議会議員や振興事務所の努力不足、市民との交流の不足を感じざるおえませんでした。

 私は、審議会の使命は終わったものと考えます。むしろ、自治会の強化(例えば、自治会長の任期を複数年にする等)を推進することの方が、重要であり、公民館体制とあわせた市の今後方向にあわせるべきで、シンプルな組織こそ今後の高鷲の発展に繋がると信じています。仮に、後5年存続させるにしても、そういった方向に向けた活動にすべきだと思います。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ
posted by 森よしと at 18:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。