2009年07月11日

「叙勲」の価値?

 来賓の挨拶を依頼されました、蓑島勝正氏の叙勲祝賀会が開催され、悩みぬきましたが何とか挨拶を終えてまいりました。

 やはり一番申し上げたかったことは、ほとんどの方がご存じない叙勲の価値についてであります。「日本国憲法第7条7号は、天皇の国事行為のひとつとして、栄典を授与することを定める。勲章は、天皇の名によって授与される。但し、勲章制度を定める法律はなく、政令、内閣府令に基いて運用される。現在22種類ある。」

 春秋叙勲候補者推薦要綱にのっとり、両院議長、各省各庁の長の推薦により、内閣総理大臣が審査し閣議決定により決定する。

 選考基準は、特に年齢基準があり、70歳以上が条件になるが、退職後3年経過していれば68歳からでも良い。ただし、警察官、消防士など、著しく危険な勤務に従事するもの、人目に付かない領域において苦労の割りに報われることの少ないものには、55歳以上であれば候補者となりうる。

 今回の叙勲は65歳でのものであり、大変名誉な事であります。本人はもとより、家族一ご一門にとってもすばらしいことだと存じます。子々孫々言い伝えられますことを期待したいと思います。

 さらに蓑島さんは、昭和34年中学校をご卒業と同時に現在のクリーニング業に就かれ、今日まで50年間一筋に頑張ってこられましたが、その間の35年の消防活動は筆舌に尽くしがたい出来事もおありだったことと、ご推察いたします。

 異口同音に、蓑島さんに対する評価は、「面倒見のいい人」「何事にも一生懸命な方」といったものばかりです。まだお若い蓑島さんにあっては、どうぞ、後進の育成に力を注がれて、さらにご活躍を賜りますようお願いを申し上げます。

 充分ではないにしても、精一杯の挨拶をさせていただきました。こんな機会を与えて頂き、本当にありがとうございました。 

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 16:08| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。