2009年07月02日

麻生総理と鳩山民主党代表!

 解散総選挙が何時になるのかも読めないのですが、麻生総理が何を考えているのかもとく分かりません。昔から少数派閥に所属していたせいか、どうも根回しもうまくないようで、いろんな人の意見に振り回されてしまっている感じです。

 ところがこの方決して政権を投げ出そうとしないのは、立派だと思うのであります。前の2人は壁にぶち当たった途端に、やめてしまいました。潔いといえばそうかもしれませんが、なんともひ弱さを感じます。

 ところが、言っていることには少々矛盾があるとしても、決して弱音を見せず、いろんな人に叱られてもやめるとは言わない麻生総理、私は頑張っていると思うのです。

 野球でも、のらりくらりとピンチを凌ぎながら、味方のチャンスを待つ場面がよくありますが、ここに来て民主党党首の敵失が出てまいりました。先回も小沢党首の献金問題。

 今回は鳩山党首への政治献金が少ないから恥ずかしいという事で、自分の金で他の人の名前を使っての虚偽。政治資金規正法に照らしても、許されざる行為であることは当然ながら、なんともお粗末な理由から生じた自作自演であるわけで、一国の総理になろうとする人の(本人でないにせよ)やることではないと思います。

 強気だった表情がまた違った顔に見えてまいりました。自民党・民主党ともに解散まであと一年ぐらいの時間が要りそうです。しかし、時間は限られております。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

郡上高校PTA臨時拡大実行委員会

 実行委員会が9月まで開かれないため、緊急で実行委員会が開催されました。2案件について検討されましたが、とにかく7時半から初めておよそ10時になっていましたので、熱心さには敬服します。

 まずは、「制服リサイクル運動」について。何年も前からの懸案事項になっているようで、本年度はいよいよ実行に移す年なのですが、もう既に7月を向かえ、「早くしないととってある制服も処分してしまう。」といった意見もあると聞きました。

 家計が厳しい子育て世代の家庭にとって、大変ありがたい話だと思いますが、いざ始めようとすると保管場所の問題から、回収日、何よりもリサイクル運動を知っていただくことなど、課題は山積しています。PTA活動だけを本職としているわけではありませんので、大変な課題に挑戦することになります。

 しかし、一度始めれば当然、来年度以降も引き続き推進することになりましので、充分現場を把握しつつ、見守って生きたいと思っています。

 もう一つが、私が会長を務めます「部活動後援会」の会計の問題。部活動に加入していない家庭からも年間106、00円の会費を負担いただいており、其のことをご存じない親御さんも見えるのです。総額にして800万円を越えます。さらに、各部活動への配分なども公平性を欠くのではといった意見もあり、問題は極めて大きいといわざるおえません。

 初めて学校側から各部の金の流れが分かる資料をいただきました。しかし、各部への配分や使途などの良し悪しを判断する材料はなく、今年取り組まねばならないことは、親たちから集める会費を含めた収支決算を明確にすることだと思っています。

 公金に対する姿勢を正してゆかねばなりません。

 政治ブログランキングに参加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。

  にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 06:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。