2009年01月31日

郡上高校PTA第四回実行委員会

 2月6日の第四回常任委員会に向けて、実行委員会が本日開催されました。本部役員と常任委員長そして私ー副常任委員長、さらには校長先生をはじめ高校役員関係者によって構成されています。

 ようやくこのPTAのシステムを理解できるようになりました。

 今回の会議と次の委員会で次年度の役員を決めなくてはならず、一年の各行事を終えて最後の仕事といえるわけですが、一番大変な作業だとも言えそうです。

 実は私目が、次年度の副会長になりそうなのです。現会長の若山さんから直接お電話を頂き、引き受けることになってしまいました。

 小学校のPTA会長をさせていただきましたので、役員の選任は本当に大変なことは分かっており、真剣に依頼されればやはりお断りはできませんでした。

 高鷲から選ばれることは今まで無かったという事ですが、郡上市にもなったことなので関係ないという事でした。

 また私の立場上お断りもできず、さらには議会の場へもしっかりと教育現場の実態をお知らせする役目もあると思います。

 娘は「お父さんは、何でも簡単にひきうけすぎ!」といいますが、娘のためにやろうと思っているのです。

 会長1名、副会長4名、会計1名、初期1名の中の一人に加えていただくわけですが、様々な出会いを期待し頑張りたいと思います。

 高校教育、さらに教育全般にわたるご意見も皆様方よりいただけましたら幸甚に存じます。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ



 
posted by 森よしと at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

第一回産業建設常任委員会の開催

 今年初めての会議が開催されました。3月本会議その前には2月2日の全員協議会に向けて、各委員会が開催されている中で、私の所属する産業建設委員会が開催されまいた。

(建設部関係)陳情第10号
「中部地方整備局の事務所・出張所存続と地方分権改革推進委員会の第2次勧告に向けて地方分権改革推進委員会等における慎重な審議を求める陳情書について」

 ・国道156号(岐南町から白鳥向小駄良まで)を国の管理から岐阜県の管轄にすることですが、予定している箇所が間違いなく担保されることと、今後も国からの支援が保障されることが無ければ、困難ではあるが、今の行政改革という観点からは認めざる終えない。他市町村との連携も勘案して結論を出すという事で、継続審議。

(水道部関係)
「郡上市下水道料金の統一について」

・相生の農業集落排水事業(平成24年完成予定)を最後に市内のメイン整備は終了しますので、平成25もしくは26年度の料金統一に向けた検討委員会委員14名が各地域から選任されました。今年の6月くらいまでにたたき台が発表されます。その段階で産業建設委員会に諮られます。

(農林水産部関係)

「玄米色彩選別機導入について」

・カメムシ被害による米の品質の低下のため、特に南部地域では、1等米の比率が平成19年度は31,3%、平成20年度は15,4%と極めて低い状況にあり、等級比率の向上を図る必要がある。

・42,000,000円
県補助14,000,000円
市補助 4,900,000円
自己資産(JA)23,100,000円

「高鷲牧場の貸付について」

・高鷲の松本さんが認可されました。私の一つ後輩で、息子さんがしっかりと後継になるという事です。頑張ってください。

「郡上市農業ビジョン(案)について」

・ブランド化に向けて強く訴えました。真に郡上の農業を救える道はこれしかないと確信しています。

(商工観光部関係)
緊急経済雇用対策について
@対策本部の設置について
A雇用調整およびセーフネット保証の状況について
B国の緊急雇用創出事業等について
Cプレミアム商品券構想について

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ


posted by 森よしと at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

「一月は行き、二月は逃げ、三月は去る」と申します。

 「一月は行(い)き、二月は逃(に)げ、三月は去(さ)る。」と申しますが、もう一月も残り三日となりました。そして、あわただしいうちに3ヶ月も過ぎ去るものと思います。

 3月議会に向けた準備(各常任委員会、全員協議会、一般質問等)はもちろんですが、様々な分野で次年度への引継ぎなども進めなくてはなりません。

 20年度は長男の野球に付き合い、少年野球の会長を勤めさせていただきました。決算と来年度に向けての計画、予算などの引継ぎが必要です。小学校の鮎走の支部長としてその後任の選任、引継ぎもやらねばなりません。

 2月は、父の3回忌、妻の父の1周期と続きますし、3月は一番大切な予算議会であります。心して頑張ろうと決意しています。

 さらに3月30日は当選してから、丸一年が経過いたしますので、「森よしと後援会」の会合の開催と今後の取り組みについて後援者の皆様と検討していただきたいと思っています。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ


posted by 森よしと at 08:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

今日はいい天気でした。

 一月だというのに今日は大変暖かい天気でした。おそらく中濃のゴルフ場などは大変な盛況ぶりなのではないでしょうか。

 寒い郡上市でも特に寒い高鷲におりますと、体が固まってしまうのです。肩はこり、気も暗くなりがちですが、今日は体を存分に動かしました。心も晴れてくる気がします。

 しかし、わが高鷲は、雪が無くては生活ができません。多くの方々が冬のビジネスにかかわっており、この季節こそ本番の稼ぎ時なのです。

 今年だけなのか、それとも温暖化の影響なのか。

 昨晩のテレビを見ておりましても、永遠に栄える文明は無く必ず滅ぶものである、といっていました。マヤ文明の崩壊の原因も本当の意味では分かっていないようです。
 
 地球温暖化の影響は地球全体に様々な影響を及ぼしていますが、わが町にも大きな影響を与えています。スキー場のメッカといっていても環境はどうすることのできない時代が来るのかもしれません。

 今年は、このままではわが町の生活は大変になるばかりです。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ


 

 

 
posted by 森よしと at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

「郡上市観光ビジョン策定研修会」に参加

 岐阜県中濃振興局中濃事務所主催の、「郡上市観光ビジョン策定研修会」に参加をいたしました。

 次第

開会 岐阜県中濃振興局中濃事務所長 挨拶 野田昌良様
   
   郡上市副市長 挨拶         鈴木俊幸様

来賓挨拶          郡上市議会長 美谷添生様

講演 富山国際大学現代社会学部教授    高橋光幸様

   演題 「これからの観光の考え方」

   専門分野 地域観光、地域経営

   研究テーマ 観光資源を核とした地域のネットワーク化
    
意見交換会

閉会 郡上市観光連盟会長         和田繕長様

 あまりこういった研修会というのは期待していくと、期待はずれになることが多いというより、日ごろ考えていないものが聞いてもためにはならないことを痛感していますので、静かに耳を傾けさせていただきました。

 講師の方もかなりはっきりと「八幡の街にもっと磨きをかけないといけない。汚い!」といわれました。おそらく八幡に期待をするあまり語られたのだと思います。誠実な印象の方でしたので、私は大変好感を持って聞かせていただきました。

 理論的に整理された大学の講演のようにも思いましたが、一言一言に重みを感じる話しぶりには、観光のプロだと感じました。

  高橋先生が言われるには、経済環境の変化という事を言われておりました。特に1973年のオイルショック以来にほんのGDPは下がり、そこからの日本経済の低迷を語られましたが、今から39年も前のこと、もっと直近にも大きな変化を捉えるべきだと思います。

 今から20年前に世界は活気的な変化を遂げました。ベルリンの壁が崩壊し、共産主義の敗北が宣言され、経済の自由主義が勝利を収めたかに見え、まさに大競争の時代が到来しました。しかし、アメリカ一国主義の世界には今回のアメリカ発の金融恐慌で限界が明らかになりました。

 経済的・金融的には国の壁が無くなり、「航海から漂流の時代」「愛国から憂国の時代」になったと五木寛之氏の言葉。最近偶然読んだ本の中に、五木寛之氏の書物があります。ご自分の経験も交えながら「現代は欝の時代」だというのです。「孤独」ともいってみえます。世界総鬱の時代。

 私は、このことを無しにして政治・経済・観光等を考えても仕方が無いのではないかと思ったのです。今日の話を聞きそう思ったのです。

 今は、世界も郡上市の隣の家の人も同じなのではないか。郡上市に住む人が喜んで生活をせずして、世界も何もどこからも来てはくれないのではないか。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ





 
posted by 森よしと at 21:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

山彦会

 社会奉仕団体といえば、ライオンズクラブとロータリークラブという組織があります。元は同じだとお聞きしたことがあります。世界的な団体であり、思想・信条・政治を超えて無条件に社会に奉仕するというのが理念だったと思います。

 郡上にもそういった団体があり、心ある人は参加され真剣に活動をしてみえます。

 しかし、高鷲からは参加者が少なく、独自で「山彦会」という会を結成。現在は30名会員を誇り、人数的には大きなライオンズやロータリーにも引けをとりません。

 夕方6時半より例会が在り、急いで参加をしたのですが、参加者がわずか6名でした。昨年の新会員の発表のときは、参加者20名ぐらいみえたのですが、どうなってしまったのかと疑問に思いました。

 私も今年度から入会をしましたので、経緯等についてはよくわからないのですが、ちょっとさびしい感じです。

 私をのぞく5人のメンバーは建設業関係者ばかりでしたが、とにかく雪が少ないため仕事が無く、「年末年始にわたりこんな年はなかった、人工的にでも降らせられないものか。」といった発言がありました。この地域は、雪のおかげで多くの人が生活をしているのだと切実に感じました。

 さらには、建設業はわが地域の基幹産業なわけです。如何に多くの人がかかわっているかを考えたとき、深刻にならざるをえません。

 建設業イコール悪といわれて久しいのですが、私たちの地域にとっては極めて重要な仕事なのです。
 
 「もっと建設業の立場に立った発言をしてくれる人はいないのか!」といった声が聞こえてきそうです。今こそ真剣に訴えるべきだと深く考えさせられました。

 政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ
posted by 森よしと at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

日本の伝統芸能について

 今日は岐阜府県知事選の開票日です。何とか50万表近い得票数が得られそうですが、大いに頑張って欲しいと思います。2期目は確約していたわけですが、この厳しい時代に岐阜県のために頑張って欲しいと思います。

 今日は、日本芸能の「西川静江会」の新年会に参加させていただき、日本舞踊を見せていただくとともに大いに堪能させていただきました。

 今オバマ大統領が、世界の協調を訴えておられますが、世界の架け橋となれるのは、芸術文化の世界であり、こういった芸術の世界は極めて大切だと思っています。

 思想や宗教を超えて一体となれる道があるとすれば、芸術文化の世界だと確信いたします。

 郡上では比較的、日本舞踊の活動はおとなしいようですが、下呂市にゆきますと、芸者さんが60人はおられて、大変盛んに芸能の紹介もされています。

 郡上の芸能の発展を心から願っています。

 政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ
posted by 森よしと at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

2月の予定を立てました。

 朝から雪が降り続いています。昨日の夜は金曜日という事で、高校生の長女も姉も八幡から帰ってまいりました。息子も風邪気味のため、スキーにも行かず家ですごすことになりました。

 来月2月は、私の父の3回忌を務め、そして沖縄の妻の父の1周忌に参列しなくてはならず、かなりハードになりそうだと思っていたのです。

 日取りも決めて案内もしなくてはならないので、母もやきもきしていた様子でした。

 3回忌は我が家でこじんまりと行わせていただくのですが、それでもやはり40名ぐらいにはなりそうです。

 沖縄の父は昨年なくなったのですが、葬儀にも参列できなかったため、今回はなんとしても子供も一緒に、と思っています。しかし、経費も大変ですし、飛行機の日程など検討しました。

 本当に行って帰ってくるだけになりそうですが、妻の家族の皆さんともしっかり交流してきたいと思っています。

 寒い日がこれから続く予報ですが、雪は少なめにして欲しいものです。

 政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ
posted by 森よしと at 14:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

「吾唯足るを知る」の意味

ただたるおしる2.JPG 先日「吾唯足るを知る」という言葉を教えていただきましたが、今日はその意味を深くを知ることができました。筆者がどなたかはわかりませんが、「私」という一人称で出てまいりますので、その方の文章という事でお読みください。

 京都の龍安時というお寺に、上のように彫られたつくばいがあります。このつくばいは、あまりにも有名なのでご存知の方も多いと思います。真ん中の水を入れる四角を共有すると上から時計回りに「吾唯足知(われ ただ たるを しる)と読めます。文字通り読めば「私は満ち足りていることだけを知っている」という意味でしょうか。「吾唯足知」というのは、もともと禅問答のようですから、本来は一生かかっても悟る事ができないような、きっと難しい意味なのだと思いますが簡単に言ってしまえば「満足することを知っている者は貧しくても幸せであり、満足することを知らない者はたとえ金持ちでも不幸である。」ということかと思います。この満足することを知るということは幸せに生きる為には、とても大切な事だと思います。

 たとえば今ではどこの家にも当たり前のようにある、洗濯機、冷蔵庫、テレビ、電子レンジ、パソコンなどの電化製品が、あなたの家にだけ一切なかったらどうでしょうか?皆の家にはあるのに自分の家にだけは無い、そんな状況を想像してみて下さい。私ならきっと、みじめな気分になると思います。でもたった半世紀前の日本の家にはこれらの電化製品は一切なかったわけです。それでは当時の日本人が皆、不幸だと思って生きていたかといえば、そうではないと思います。現在でも極端な話、アマゾンの未開地では電化製品なんか一切ない生活を送っている人がたくさんいます。彼らが不幸を感じて生きているかといえば、やはり違います。かえって我々よりはるかに幸せを感じて生きているかもしれません。つまり皆がそれを持っていなければ、もっと極端にいえば、そんなものの存在を知らなければ、その状態で「満足することを知る」ことができるわけです。
そう考えると私たちは極めて相対的なことで幸せや不幸をかんじているかもしれません。

 私には精神的な部分に関しては誰よりも分かり合える小学校以来の親友がいます。大人になってから「彼の家は、とても貧乏だった。」という話を彼から聞いて、とてもビックリしたことがあります。
なぜなら子供の頃はしょっちゅう彼の家に遊びにいっていましたが、一度も彼の家が貧乏だとは感じた事がなかったからです。お金が払えなくて、電気やガスを止められるなんて事は日常茶飯事だったそうです。

 そういえば、「昨日は家族みんなでローソク1本立てて、夕食を食べた。」と、とても楽しそうに話す彼のことを記憶しています。あまりに楽しそうに話すので、当時、私は楽しいイベントの話を聞かされているような気がして羨ましく思ったりしたことを覚えています。実際、大人になった今、当時の事を思い出してみてもそれは彼の中でやはり楽しい思い出のようです。

 本来ならみじめに思うことを彼はとても楽しく感じていたのです。
彼の両親は敬虔なカトリック教徒でしたから、それは信仰に支えられたものだったかもしれませんが・・・
今では彼は医者になり、世間ではどちらかといえば裕福な部類に入るでしょう。

 そんな彼が母親に一度、贅沢な思いをさせてやろうと、お母さんをハワイ旅行に連れて行ったそうです。
超一流ホテルに泊まり、超一流のレストランで食事をしても彼のお母さんは、それほど嬉しそうな顔をしなかったそうです。たまたま夜、ホテルの部屋でお母さんがお腹が空いたと言ったので、ちょっとしたパンをルームサービスに持ってきてもらったところ、そのパンにバターを塗って「おいしい。」と言って幸せそうに食べる母親の顔を見て彼は愕然としたそうです。「今まで一体、自分は何を追い求めてきたんだ!人生において自分はまだ母親の足元にもおよばない。」と。

 きっと彼のお母さんは、それは信仰によるものかもしれませんが、我々とは違う次元で満足することを知っていたんだとおもいます。
そんなお母さんのいる家だったからこそ、少年時代、電気を止められてローソクをたてて食事をしても彼は楽しかったんだと思います。

 人間の欲望には際限がありません。
それを追い求め続けてもきりがありません。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ
posted by 森よしと at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

知事選挙も残すところ2日となりました

 忘れていたというとお叱りを受けそうですが、岐阜市の水産会館へ知事候補者古田肇さんの選挙応援に行ってきました。

 候補者は不在で、奥様がしっかりと事務所を守っておられました。

 4年前は、風邪をひかれて気の毒な感じでしたが、今回の姿は堂にいったものです。私のこともよく覚えていただいており、心安く声をかけていただき、一生懸命さがよく伝わってきました。

 ところで、先回の事務所当番の折、高鷲ファーマーズという会社で作っているチーズを試食していただくようお渡しをしてあったのです。

 高鷲の地元の皆さんが研究に研究を重ねられ、ひるが野で販売をしております。まだ大量生産はできないようですが、様々なコンクールにも出展して好成績をだしています。

 知事夫妻はフランスでの生活も経験され、語学もご堪能ですが、食べ物のこともよく知っておられますので、高鷲の方が是非知事に味を覚えておいて欲しいとの依頼があり、お届けしたしだいです。

 千鶴子夫人は、私の顔を見るとすぐ、その話をしてくださいました。2種類のチーズをお渡しいたしましたが、特に練り状のチーズの感想を言ってくださいました。

 「おいしいのですが、少し臭いが気になりますね。」おそらく古田知事も食べていただいた感想だと思います。「早速伝えできる限りの努力をしてみます。」と返事をしました。

 こういったことに一つ一つ対応していただけることは大変ありがたいことで、高鷲ファーマーズの皆さんにもお伝えしたいと思います。・

 選挙は、大勢駆けつけておりましたが、広がりは難しそうです。あと2日と投票日を残すのみとなります、スタッフの皆さん頑張ってください。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ
posted by 森よしと at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

時間がとまってるようだった

 昨晩は、昨年の選挙で応援をしてくれた後輩と飲む機会に恵まれました。家族で迎えていただき本当にありがたいことだと思います。

 大変厳しかっただけに親身になっていただき、次の選挙に向けての
話にもなりました。その中で、感じますことはこれまでの間私がどのような発言をし、活動をしてきたかという事については全くといってよいほど話題にならなかったという事です。

 家族でもなければCATVも見ることも無いのだと思います。

 話題豊富な家族であり、地域の人間関係や地域のことも詳しいのですが、昨年の選挙のまま話は変わっていかないのを感じるのです。

 「チャレンジ森よしと」を作成し、一軒一軒お配りはしているのですが、もっとじっくり会話をしながら回る必要性を強く感じさせられます。
 
 もっと高鷲の中によけこんでいかなければ・・・。

 政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ
posted by 森よしと at 10:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

世界のトヨタ

 世界的大不況の中、下方修正を余儀なくされている自動車関連各社。その中でも、トヨタは1,500億のマイナスとはいえ、世界ナンバーワンになるという。昨年度は2兆2、000億の黒字。

 なんといってもすごいのは、このタイミングで社長の交代劇。14年ぶりに創業家出身の社長、豊田章男(52歳)氏が誕生。自動車産業が未曾有の危機を迎える中、人心一新で難局打開と拡大路線からの転換を目指す。

 「豊田家に生まれるか、生まれないかという選択肢は私にはありませんでした。」苦しみの中にも、覚悟を感じさせる良い言葉だと思います。

 人は誰も自分の意志で生まれてきたのではありません。お金持ちの家に生まれたかったとか、違う肌の家に生まれたかったとか、自分で選ぶことはできません。しかし、全てを感受し自分の人生だと覚悟するとき主体的真の人生が始まると思うのです。

 創業者の祖父の苦労はもちろん、「世界最強」と呼ばれる企業にまで成長する礎を築いた父・章一郎氏の歩みを知った上での覚悟は、如何ばかりかとお察し申し上げます。

 オバマ大統領しかり、私と同じ世代が、世界をリードする時代が来たのだと胸躍ります。新鮮な中に緊張感を感じます。

 一方、日本は今回の不況に学び、豊田だけに頼っていては良くないとも思います。苦しいときにこそ新たなものを模索し、前進したいものです。

 政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ
posted by 森よしと at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

子供は知らず知らずのうちに成長している

 昨年の末、いただいたリフト券を使って、子供たちとスキー場へ行きました。長女は高校生で、どうしてもバイトをしたいというので、母と働きに行かせました。

 息子と2女とワイフで行ってきました。私もワイフも今年50歳ですから、無理がきかずスキー靴を履く段階ですでに汗だくになっていました。

 一度滑り降りてきますと、あの氷点下でも汗が出るのですから、いい運動であることには間違いがありません。

 リフトには子供のどちらかと乗るのですが、乗る直前に息子が係りの方に「お願いします。」と低い声で言っているのです。一瞬ハッとさせられました。私の子供の頃は、ニヒルに黙っているのが美徳のように考えていた感がありますが、さりげなく挨拶をしてのけたのです。

 6年生ですから当然のことなのかもしれませんが、何か爽快感と喜びを感じました。

 野球で教えられたり、スキー教室でも丁寧に教えていただいているおかげだと思います。ありがたいと思います。

 家では、朝と夜は必ず挨拶を子供たちにはしていますが、ワイフや母にはできません。私の子供の頃は家での挨拶は一度も無かったと思います。こんな言い訳が良くないのだと思います。いずれ子供もそのことにきずくでしょう。

 考えすぎず、どこでも爽やかに挨拶できるようにしたいものです。気分が晴れるはず、明日からやってみよう。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

五木寛之の「人間の関係」をよんで

 或るきっかけで読むことになったのが、五木寛之の「人間関係」です。

 昨年の秋、下呂市の有名な旅館の社長がなくなりました。下呂の元気を象徴する人物でしたが、還暦を過ぎての出来事でした。私も大変尊敬する人でした。

 先日、或る先生にお会いしたとき、彼の死が自殺であることを知らされました。そして、元気な人だっただけに、逆に「欝」のときはやはり人並みはずれていたそうです。

 丁度そんなときに会社への融資が途絶え、考え込んでしまったときの自殺だったそうです。大変なショックを受けました。

 そんな時目にしたのがこの本でした。私は筆者にはそんなに好感を抱いていませんでしたが、すこし共感を覚える文面がありました。

 男性の更年期。いくら気をいれようともなんともならない状態が、40歳後半から50歳にかけてあったというのです。第2回目が60歳前後、第三期が70歳を越えてからだというのです。

 其の都度、「歓びノート」「悲しみノート」「あんがとノート」を毎日書き続ける中で、数ヵ月後に何らかの回復をみた、というのです。

 誰もが、常に課題や問題を抱えつつ生きているわけで、私の人生にも今後多くの山、谷が去来することと思いますが、前向きに生きていけたらと思います。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

屋根の雪下ろし

 今日は、小牧市で仕事があり、一日そちらにいたのですが、とにかく天気が良くて助かりました。

 朝、雪をかぶった車のエンジンをかけ、フロントガラスの雪だけをおとして、高速に飛び乗りました。こびりついた雪も関市あたりで全部なくなりましたが、車は泥をかぶったように汚れたまんまです。

 仕事を終えて帰ってみると、屋根の雪を下ろしている最中に母が落下したというのです。目の前にその母はいるので何のことかと思っていたら、雪がクッションになって落ちどころも良かったため怪我には至らなかったという事でした。

 「ホッ!」と一安心をしました。私が雪下ろしは必ずすることにしているのですが、このところ忙しくて、さらには降る雪の量が中途半端なため決めかねていたところだったのです。

 母も73歳なので無理はしないでほしいと思っているのですが、ついつい貧乏性からか自分でやってしまおうとするところがあります。

 屋根から落ちて大怪我をする人は多いのです。私もいつもこの高さから落ちたら良くても半身不随だろうと覚悟して上っています。

 お年寄りが多くなり、雪下ろしを仕事にしている方もおられるそうですが、本当に雪国の冬は大変です。

 小牧市の畑には、タンポポが咲いていました。気温も10度ぐらいまではいっていたと思います。

 しかし、こういった地域の生活を守る役目を仰せつかった以上、頑張ることを再度決意いたしました。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 20:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

娘のアパートに泊まる

 昨晩は、八幡町にて秘書時代からの飲み会があリました。第三木曜がその日に当たり、参加者は7人といつもより少なかったのですが、気心の知れたメンバーで楽しく会話も弾みました。

 今年から郡上高校に上の娘が入学し、ただ一人の私の姉が八幡のアパートにいるため、安い家賃で間借りをさせていただいているのです。こと幸いに八幡で飲んだときは、娘の自転車に乗って往復し、そこに泊めてもらうことにしています。

 部屋も多くないため迷惑がっている空気は読めるのですが、代行で高鷲まで帰るのも経済的にもったいないので、仕方無いものとあきらめてもらっています。

 寒い中、帰ったのが11時頃でした。10時頃に娘から「いつ帰るの?」との電話があり、不思議に思ったのですが、帰ったときにはもう寝ていました。いつに無く早いなと思い、姉に聞いてみると、「お父さんに絡まれるから早く寝る。」といってさっさと寝たそうです。

 最近そういった形でしか、会話もしていないことに反省をさせられました。そして子どもは子供なりに親を見ていて、反発したりしているみたいです。姉からこんこんと説得されました。

 甘やかすことがいいのではありませんが、やはり顔と顔を突き合わせてしっかりと話すことが大切なのだと思っています。子供のための時間を作ろうと考えています。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ



 
posted by 森よしと at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

朝から雪との戦いです

 毎朝子供たちは、7時40分に家を出てスクールバスが来てくれる集会場まで向かいます。ところが昨日は、50〜60cmの積雪があり、我が家が小高い所にあるため雪を掻き分けて行かねばなりませんでした。

 いつもは登校前に、ブルドーザーが除雪に来てくれるのですが、昨日は間に合わなかったようです。

 私たちが子供の時はバス送迎も無く、除雪作業も徹底していなかったように思いますので、今の子供は恵まれすぎているように感じてしまうのですが。

 今日は7時にはブルドーザーの音が聞こえました。しかしそんなには積雪はありませんでした。

 このようにして雪の深い地域では、高額の除雪費を使って生活を守っていただいております。スキー客を迎えるためでもあり、働きに行くためでもあり、雪の処理を怠っては何も進まないというのが現実なのです。

 先日、ワールドカップのウェルカムパーティーにこられた議員各位も、雪の降り方に南部の方ほど驚いておられましたが、生活してみないと理解できないと思います。

 同じ郡上市でも環境の違いが大きいことを理解しあうことから、真の理解ある行政が成り立つものと思います。

 近所を見渡しますと、昨日のうちに何軒か雪下ろしを済ませています。まだまだ降るだろうと思いますので、すばやい対応です。

 私も雪下ろしとなれば今日しかないのですが、これ以上降らないことを祈りつつ、熟慮しています。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ


posted by 森よしと at 08:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

郡上市と下呂市

 知事選挙7日目、旧2区を今日で終わり、旧1区に入ると説明がありました。なんとも旧1区・2区とは、懐かしい言葉だと感じました。衆議院が小選挙区になる前の中選挙区の呼び方です。

 今日は、特別寒い朝となりました。1月5日が「小寒」、20日が「大寒」ですので、一年で最も寒い頃。氷点下10度となり芯のそこから寒いと思いました。

 知事選挙の事務所当番ということで、郡上市と下呂市が午前中の番でした。雪も積もり凍っていましたので、かなり余裕を見て午前8時前に出発しましたが、水産会館へは、9時半までにはつきました。高速道路のおかげです。

 下呂からは、特に高山市の隣の小坂町からは、2時間半かかったそうです。気温は氷点下8度。

 10時から、野島県議の司会で選対本部からの挨拶など、一連のセレモニーがありました。

 猫田県議・選対本部長は、大変下呂市のことを特に知っておられました。郡上市のことも話されましたが。猫田先生といえば、自民党県連のトップ、知事にとっては一番の相談相手であり、慎重に付き合わねばならない存在だといえます。

 下呂市の選出の県議は,駒田誠さんで、4期目。次は副議長だということです。私もずっと親しくしていただいておりますが、とにかく県連への働きかけは熱心で、あの下呂市長選挙の勝利以来、信頼を得ている感じがします。

 猫田先生曰く「駒田先生からおしえていただいております・・。」となるのでしょう。

 郡上市の県議は1年生で、まだまだ信任されていない様子でした。郡上の中はもとより、先輩議員に郡上を知っていただくよう頑張ってほしいと思います。

 平成17年3月1日、下呂市と郡上市は、それぞれ合併しスタートを切りました。まさに双子のようなものだと思うのですが、隣町なのにどうも近くて遠い感じがします。

 濃飛横断自動車道、257号馬瀬バイパス(ここまでは猫田先生も話されましたが)、もう一つやはり明宝小川トンネル(これが出てこないと郡上への理解は無いのと同じ)を完成させる道こそ、両市の真の交流の第一歩だと思っています。

 両市の資源を生かすことによって、広域的発展が実現するはずなのです。それを実現できる人が、古田知事であると思います。

 このことを、話したくて仕方なかったのですが、挨拶の場はありませんでした。残念でしたのでブログにしておきます。

 その後、高鷲スノーパークで開催のワールドカップを応援に行きましたが、中途半端な格好では寒さをしのげず、決勝1本で帰らざる終えませんでした。役員の皆さんには心からの敬意を表します。選手の皆さんご苦労様でした。SEE YOU AGAIN! NEXT YEAR。

 政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ



 
posted by 森よしと at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

議会便り編集特別委員会に出席

 12月市議会の「議会便り編集」のため、今日委員会が開催されました。半日ですむかと思いきや、5時半までかかっても最後は尻切れトンボ気味に終わらざるをえませんでした。

 それぞれのパーツに分けて担当し、まとめたものを全員で検証するわけですが、これがなんとも大変な作業であります。自分の新聞を出すのであれば、自分の思い通りできるのに・・・。

 先回から質問のコーナーを作り、回答とともに意見を寄せていただくことになりました。市民の皆さんに参加をいただくためです。

 これは委員会で、日本の議会便りの優れた市町村を視察して、学んだ結果なのです。いくら自分たちで無い頭を絞っても出てくるものではありません。その他にもいろいろと洗練された広報を学んできました。

 ご意見の中にも様々なものがあり、大変見やすくなったとか、また逆に公費を割いてまで研修に行くのは市民感覚からは理解できないとか。

 私もびっくりしたのですが、いろんな意見は意見として、しっかりと胸に収めておかねばならないと思っています。

 もっともっといいものを作るためさらに勉強をしたいと思います。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ



 

 
posted by 森よしと at 20:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

スノーボードワールドカップ大会のウェルカムパーティー開催

 全国的に寒い日となり、ようやく本格的な冬といった感じです。一年で一番寒い日となりました。

 このままでは、なんとなくワールドカップには、さびしい寒さと思っていましたが、ゲレンデもしっかりと整いあとはすばらしいパフォーマンスに期待をするだけとなりました。

 ‘キスマーク・スペシャル’LGスノーボードFISワールドカップ2009GIFU/GUJOに向けたウエルカムパーティーが、今日
ダイナランドベルーナにおいて開催されました。

 74名の参加関係者と、大会関係者そして県・市関係者多数参加の元盛大に開催されました。

 まだマイナーとはいえ、世界クラスの大会を開催できるということは素晴らしいことで、2年目を向かえさらに回を重ねてほしいと願っております。関係者のご努力には心から敬意を表します。

 式次第

 主催者挨拶 中村 慈 組織委員長 岐阜県スキー連盟会長 県議

       OLA SUNDEQUIST  FIS RASE DIRECTOR

       村里敏彰 全日本スキー連盟常務理事・総務本部長兼国際部長

 歓迎挨拶  横井 篤 岐阜県副知事

       日置敏明 郡上市長

 スポンサー紹介 水野泰三 株アルペン 代表取締役社長

         田口義隆 西濃運輸株 代表取締役社長

 来賓祝辞  松田岩夫 参議院議員

 乾杯    野島征夫県議

 閉会の言葉 高橋英之 ジェイ・マウンテンズ・グループ代表
 
 挨拶を聞いた感想は、やはり国際舞台である以上は、せめて英語でのスピーチが必要だと思いました。外国人が盛り上がり、歓迎してもらっているといった雰囲気を作ってほしいと思いました。

 英語のスピーチができたのは、参議院議員と高橋社長でしたが、国際的な歓迎は必要だと思います。市長にも是非お願いをしたいと思っています。

 国際市郡上を目指して、これからでも英語の勉強をしようと、ひそかに思っています。

 政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 22:24| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。