2008年12月31日

一年間を振り返って、今思うこと

 このブログが、今年最後のブログとなります。この後、地域の神社の神事に参加させていただき、新年を厳粛なうちに迎えます。市会議員として参加させていただくのですが、とにかく今年とは立場的にも、気分的にも全く違っています。

 そこは今年の元旦に、一番上の高校に入学した娘とお参りに行った神社です。今年は、とにかく深刻なスタートでした。1年間というのはあっという間に過ぎ去るものと思っておりましたが、とにかく長い長い一年だったというのが最大の感想です。私も娘も初期の目標は達成させていただきましたが。

 3月30日に、初の当選をし、市議会の壇上に立たせていただきましたが、その後7月18日よりこのブログを始めました。思いを記録すること、さらに多くの方への情報発信として、大変意味のあることだと思っています。

 多くの全国の地方議員が、様々な意見を持ち、情報を発信しておられることも知りました。一般質問の参考にもなりますし貴重な情報を得る場でもあります。

 今日一日、今年一年の日記にも目を通しました。毎日のように記録されているのですが、苦しい思いの全てが記されていました。そこまで丁寧に日記を書く人間ではありませんでした。自分の気持ちに正直に書くということは大きな意味があります。苦しい中で始めて気づいたといっても過言ではありません。

 1月、2ヶ月後に選挙を控えて、結果次第では人生の敗北者となりかねない立場でした。補欠選挙での敗北以来、誰も本気で私を今回の選挙に押し出してはくれませんでした。2度の敗北は、させてはならないというのが本当の気持ちだったと思いますが。私一人が手を上げてしまったといったところでした。

 12月に初の会合(参加者8名)を開催。1月に2回目(参加者13人)。3月の1日に三回目(参加者25名)。同士に参集いただき形を作って行きました。本当に感謝申し上げます。

 2月の半ば以降、一人が出馬を断念し、無投票かと思いきや、一人が即手を挙げ、選挙が確定しました。準備した全てのものが、無駄になるくらいの決定といって過言ではありませんでした。

 選挙戦は、私の予想通り高鷲を三分する争いでした。3人の家族があれば一人ひとりが、違う名前を書いたことになります。世間というのは、そういうものなのだと思いました。

 おそらく誰もが森喜人の当選はないものと思っていたでしょう。しかし、僅差で2番当選でした。開票所にいた全ての方々は胃が痛かったことと思います。

 奇跡としか思えない結果だと思います。苦しい勝利でした。全ての関係者に感謝あるのみです。

 もう時間がなくなりました。来年も中身を充実させたブログを送りますので覗いてください。そのためには、常に前向きにチャレンジあるのみです。「チャレンジ森喜人」で頑張ります。ご指導ください。

 皆様にとってもよき新春を迎えられますよう、お祈りいたします。

 政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ



 


 

 

 
posted by 森よしと at 22:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

見えない人たちに支えられて社会は成り立っているのです。

 12月30日、今年もあと2日となりました。議員にならせていただいて、また初めての経験をさせていただきました。

 消防団の皆さんは、28日、29日、そして今日の30日まで年末夜警に参加し、午後8時から11時まで、そして朝の5時までと2班に分かれて、詰め所にて警備に当たっておられるのです。

 一般の人にはほとんど知られていないと思いますが、彼らの苦労のおかげで安心が維持されているのだと実感しました。

 向鷲見から始まって8箇所の詰め所を回り、一言の挨拶をさせていただいたのです。中にはどうして俺達だけがこんな苦労をしなくてわならないのかという顔も見受けられましたが、「本当に皆様のおかげで年末年始を安心して過ごせています、ありがとうございます」、と申し上げたいのです。

 年々消防団に参加される若者の人数も減少しているとお聞きしますが、何としても理解をいただきたく思っています。

 消防団は、今の社会では経験できない縦の人間関係を体験し、貴重な場であります。人間教育としても大切な場でもあります。

 田舎のわが町は、まだそういった伝統が残り安心をしていますが、これからの日本社会で本当に必要なものは消防団精神なのではないでしょうか。

 今日までの3日間さらには、今後の活躍を心から期待いたします。一朝有事に備えることは容易でありませんが、よろしくお願いを申し上げます。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ


posted by 森よしと at 23:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

今年もあと残すところ3日となりました。

 12月29日あっという間に今年も終ってしまいます。中身の濃い一年だったといえば聞こえがいいのですが、苦しい綱渡りのような一年でした。

 私は、この1日をある決まったことに使うことにしています。というより自然にそうなってしまったのでしょう。20年前から、この寒い季節みんなで鍋を突っつきあって語り合うことが大好きになってしまいました。。

 そのための買出しに朝4時に起床し、愛知県の愛北市場まで行くのです。まだ薄暗い6時頃には市場が活気付いて、朝日が昇ってくる頃には買出しを終えて岐路に付きます。

 大した物を買うわけではありませんが、なんとなく元気が出るのです。競りの声が響き、年末の活気が漂っています。

 いつもは一人で行っていましたが、去年から子供を連れて行くことにしました。いろんなところを見せるのも大切だ思うからです。

 一年に一回なのに、市場の大将は変わりません。向こうは覚えていないでしょうが、私にはなつかしいように感じます。

 今年は、市場がなんとなく静かに感じました。魚も少ないように思いました。あと2日残すのみです。明日は、年末夜警に、あさっては年越しの神事に出かけます。

 政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ



 
posted by 森よしと at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

政治活動への規制・・

 政治には金がかかるといいます、今の政治活動への規制だけでは本当に大変だと思います。

 今日テレビのクイズ番組で放送していましたが、本人が出席すれば結婚式も葬式もお祝い金、香典を包んでもかまわないのです。

 特に香典は、全く知らない人の葬式にでも参列すれば、身内の人は恩を受けることになるわけで、最大の選挙運動になるといっても過言ではありません。そこまでして当選しても何になるのかと思いつつも、切羽詰ると・・・。これを最大の武器にしている方も見受けますが。

 年賀、暑中見舞いなども出すことは公職選挙法に抵触するのです。しかし、テレビではやっていませんでしたが、自筆であればかまわないと言った文言もあります。

 私は、後援会活動の報告といった形を取りました。このブログを始めた旨を記しました。

 いずれにしても、諸経費等かかってしまいますが。

 政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 23:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

やっぱりトヨタの影響が身近に迫ってきた

 今日から年末の休みに入ったため子供を連れて関市まで行ってきました。昨年の今頃よりは、楽な気持ちです。しかし、経済的には大変な厳しさ続きですが。

 子供に贅沢はさせられませんが、必要なものだけは買わざる終えず、また目の保養に連れて行くのです。

 帰りの車中に私の信頼する同士から電話が入りました。彼は若くして町会議員になり、経済的にはトヨタ関係の会社にお世話になりながら、何とか頑張ってきたのですが、この不況から「トヨタに残るのも地獄、出るのも地獄。」といっていました。

 ただ私とちょっと違うのは、子供たちはすでに成人をし、金のかからない状態だということです。

 リストラの嵐に飲み込まれて、明日にも追い出されそうなのだと思います。私も今の会社の社長の心意気で入社させていただいたのですが、やはり実績のないものをいつまでも置いておくわけには行きません。

 いつリストラにあっても仕方ない立場なのですが、彼よりも一足早く厳しい社会に突入したことになります。

 しかし、何としても頑張りたいと思っています。実績を出すしかなく、頑張るしかありません。子供たちの為にも。

 彼の不安は、次の会社を探せるかといったことはもとより、55歳にして、初めての出来事でありそろそろ定年退職の年になるわけで、厚生年金や社会保険の問題など分からないことばかりなのです。

 いずれにしても、何でもやってやるというチャレンジ精神を持つしかありません。つぶしのきく人間を目指したいものです。

 政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月26日

結束するところに勢いは付く

 今日の新聞の中に、オバマ大統領の支持率が過去30年で最高の82%。アメリカ発の世界大恐慌は世界中を震撼させており、アメリカ国内においても自動車関連をはじめ大変な厳しさにもかかわらず、何となく余裕を感じさせ、日本よりも早く今の危機を脱出するのでは、と「中日春秋」は予想しています。

 厳しい中にも大いなる希望をオバマ大統領に感じ、就任と同時に一気に加速しそうな感じが確かにします。団結することの意味を証明してくれるのではないかと、私も信じています。

 麻生総理の支持率は20%台に落ち込み、選挙はもとより2次補正の出し遅れ、来年度予算も一般会計88兆円を越え過去最高額の財政出動となるにもかかわらず、国民はしらけてしまっています。

 選挙をして自民党が辛勝したところで、自民党にとっては今よりも厳しくなります。ただ、民主党の参議院側が自民党に来るといった政界再編を予想する方も見えますが。大連立への道は険しそうです。

 民主党が勝てばまさに政権交代であることには間違いないのですが、政権能力が問われそうです。小沢一郎という人物の体調が悪いことは誰もがご存知ですが、果たして政権能力となると疑問です。何といっても寄せ集めのバラバラな政党であることには違いがありません。さらに、政権交代をしたからといって今の不況を突破できるのでしょうか、疑問です。

 日本の未来は、オバマ大統領、アメリカにかかっていると思います。日本はトヨタ一社で大混乱しています。新日鉄ですら減産体制に移行してしまいました。アメリカ経済の100分の1の規模でしかないのです。まさにアメリカの1州といわれても仕方ありません。

 日本のオバマは出てこないのでしょうか。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ


 
posted by 森よしと at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

サンタクロースって誰?

 今日はクリスマス、子供たちにとっては楽しみな日であり、冬休み正月とわくわくする日が続きます。

 世界中で、年越しに家もない人が出ている中、クリスマスも何もない子供たちが多いのではないかと心配です。

 今朝目ざめた時には、子供たちはすでに何かを探していました。クリスマスプレゼントです。サンタさんは遅刻をしてしまいました。

 いつもは枕元においておくのですが、今回は自動車の中からさりげなく運んできました。

 しかし、もうすでに彼らはサンタさんの正体を知っているのです。高校生の娘には、前もって小遣いを取られました。あと小6の息子と
小3の娘。息子は確か昨年ぐらいまではサンタさんを信じていたのですが、今年は下の娘ですら、現実を知ってしまいました。

 いつまでもサンタさんの正体を知らないのもどうかと思いますが、あまりにも早くから気がついてしまうのも可愛げがないものです。

 現実を見据えて、いつまでも「夢」を持ち続けることは大切なことだと思います。

 なんとなくクリスマスは、そんな事に気づかされる機会なのかもしれません。いずれにしても欲しいものを手に入れた時の子供たちの目は、光輝いていました。親としてほっとする瞬間ですね。
 
政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 07:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

議会便り特別委員会の補正予算部分を担当

 12月定例会の「議会便り」の編集を進める中、今回は補正予算部分を担当することになりました。明日がリミットということで今日一日市役所で作業をしてまいりました。

 一般会計に歳入歳出それぞれ500,312千円を追加し、総額が歳出歳入それぞれ28,478、769千円となります。

 主なものだけ掲載します。
{歳入部分}
地方交付税     14,375千円

分担金及び負担金     600千円

国庫支出金     31,132千円 (国の第一次補正予算「地域活性化・緊急安心実現総合対策交付金」30、000千円を含む)

県支出金      25,094千円

財産収入     115,209千円 (那比公民館土地建物売り払い収入)

繰入金      311,099千円 (老人保健特別会計繰入い金、減債基金繰入金)

繰越金       56,521千円 (前年度繰越金)

諸収入        4,682千円

市債       △58、400千円

{歳出部分}
民生費
 重度心身障害者医療費助成事業   38,076千円
 母子家庭医療費助成事業       2,399千円
 父子家庭医療費助成事業         477千円
 自立支援給付介護支援事業     28,888千円
 地域生活支援事業          3、661千円
 生活保護扶助経費          8,398千円
     (当初対象75件から10月現在82件にが増加)
 生活支援給付経費          7,800千円
     (中国残留邦人への支援)
 国民健康保険特別会計繰出金     7,820千円 
 国民健康保険特別会計繰出金    11,557千円
     (直営診療施設勘定)
 老人保健特別会計繰出金         605千円
 介護サービス事業特別会計繰出金  16,916千円
 介護保険特別会計繰出金      10、823千円
 次世代育成支援対策行動計画策定事業 1、632千円
 放課後児童健全育成事業         554千円
 ケアホーム建設整備事業費補助事業 11、500千円
    (NPO法人ポコアポコ、NPO法人りあらいず和、社会福     祉法人ぶなの木福祉会)

衛生費
 簡易水道特別会計繰出金(経常分)310、331千円
            (臨時分) △5,409千円
 下水道特別会計繰出金(個排)      946千円
 
農林水産費
 下水道特別会計繰出金(農集)   12、831千円
 県営郡上南部広域営農団地農道整備  2,598千円

商工費
 工場等設置奨励金交付事業      9,190千円
 温泉施設管理運営経費       11,337千円

土木費
 下水道特別会計繰出金(特環)  △14,086千円
           (公共)    6、716千円
 急傾斜地崩壊対策事業      △11,002千円
           (1っ箇所県の別事業に)
 まちづくり交付金事業        1,500千円
           (調査費)
教育費
 中学校施設建設事業         7,000千円
  (高鷲中学校舎等整備事業 事業費 8,400千円)
  (耐震化を進める為実施設計業務を委託)
 公民館施設整備事業       115、211千円  
  (那比公民館移転事業)

「国民健康保険特別会計」補正予算
 国保小那比診療所改築工事     11,500千円
   (僻地診療所における僻地医療の推進を図る)
   (事業費15、750千円)

市役所で分からないことを聞きますと時間をかけてでも回答が必ず帰ってきますので、たいしたものだと感心しています。また自分は分かっていないことが多いことも感じつつ、さらに努力をしてまいります。官僚以上にならない限り、真の改革派達成できませんから。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ


posted by 森よしと at 23:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前県会議員の叙勲祝賀会

 山下運平先生が、この秋の叙勲において旭日中受章を受賞され、12月23日天皇誕生日に祝賀会が、開催されました。

 郡上の人にはあまり関係のないことなのかもしれませんが、来賓の方などは多少日程の検討も必要だったと思います。

 200人を超える参加者で、こんな機会もそんなにないのでしょう、懇親会の場は皆さん大変なつかしく楽しんでおられたようです。

 日置市長の発起人挨拶から始まり、無駄のない洗練された挨拶だったと思います。

 花束贈呈の後、勲記の披露。

 そして来賓祝辞に移っていきました。参議院議員の藤井孝男先生が来られて、大変なつかしく感じました。ご尊父の丙午先生と2代に亘ってのお付き合いということで、「感謝の一言です」といわれました。

 岐阜県副知事が、知事のあいさつ文を代読されました。

 岐阜県議会議長の玉田先生は、小ぶりですがまことに元気が良く、歯切れのいい楽しい挨拶でした。私は先生を良く知っておりますが、郡上の人には新鮮さを感じられたと思います。

 「ほとんどを無投票で、当選されたことはすごいことです。日ごろからの運動は有名でした。キャラメルを、飴玉を一粒づつ全ての人に配り続けられた。さらに草も生えてきますので、其の根を常に摘んできた。」全く的を得たお話には、会場の皆さんも納得しておられました。ただこういった話ができますのも、やはり厳しい選挙を勝ち抜いてこられたからだと思いますが。

 続いて同期の渡辺信行県会議員、岩井豊太郎県会議員が祝辞を述べられました。渡辺先生は、郵政選挙の話をされ、当時のことが今も鮮烈に思い出されました。ご存知の通り先生は、所謂造反組みを岐阜県自民党で独自に応援し、当時の小泉政権に弓を引く形になりました。

 その時、自民党を追い出され、後日復党するのですが、「決して間違った選択をしたわけではない、我々は正しい戦いをしたのだ。」と山下先生の言葉に勇気付けられた、と語られました。そういった点でも、信念のある政治家だったのだと感心しました。

 山下先生の叙勲祝賀会で、ある意味一時代が終ったといえます。そして、ますます厳しい時代、新たなスタートが切られたことを実感しつつ、郡上の未来に責任を持てる歩みをしたいものです。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ



 
posted by 森よしと at 08:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

トヨタ1500億円の営業赤字に修正

 世界に誇ってきたトヨタの営業実績予想が1500億の赤字に修正された。関連下請け会社をはじめとする東海地方の各企業は、年を越すのも困難な状況になっている。

 トヨタのみならず、大中小企業全てが厳しい。まさに世界大恐慌といって過言ではない。

 今日100戸のアパートを経営する友人に会った。しかし、90%が外国人だという。以前もブログしたように思うのだが、まとめて退去しているという。

 入っていたのは、ソニーとかカヤバといった大手企業の外人労働者。先日までは、契約通り継続をするといっていたのだが、12月に入って一気に退去が増加。
 
 最高の時は、90軒ほど入居していたそうですが、今は60軒に。さらに、年を越すと50軒を下回る予想だという。あのソニーも契約を打ち切ってきたらしいのです。

 美濃加茂市では、失業した外国人労働者を船をチャーターしてでも国へ送り返す準備をしているとか。

 治安が心配な為だと思うのですが。

 外国人アパートの経営者は、頭を抱えているわけですが、私がもっと心配なのは、家を建ててローンを返済できなくなってしまう外国人が相当いるということです。

 彼らが本国へ帰ってしまったときの保障が、されているのでしょうか?大手銀行がかなり融資をしているといいます。

 どこまで行ってしまうのか、わが身に降りかかってくる日も近いと感じるのです。

 しかし、次期アメリカ大統領のオバマ氏は、地元のハワイに戻り釣りを楽しんだとか。火元のアメリカがまず手を打って回復しない限り世界中立ち上がれないと思うのですが・・・。まだ就任していないから仕方ないのかなー。

 麻生総理も早く2次補正を通すべきなのに。スピード感があまりにも無さ過ぎです。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ




 
posted by 森よしと at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

公民館活動としての「親子ボーリング大会」

 高鷲公民館の活動の一環として、親子ボーリング大会が開催されました。今後郡上市となり、新公民館体制へ移行しようとする中、新たな取り組みとして参加をいたしました。
 
 しかし、現場について初めて公民館主催ということが分かったのですが、参加者は僅か9組でした。市の大会や高鷲町としての大会など企画されていますが、とにかく参加者の少なさには残念な思いがします。

 僅か2時間という大会でしたが、楽しい一時であり、野球の関係者やソフトの関係者が多く、久しぶりに出会って「年明けには一杯やりましょう。」といった話になりました。

 成績は芳しくありませんでした。1ゲームは親子それぞれでプレーをし、2ゲームは交互に投げるルールになっていて、合計を競います。

 なぜか今回だけは、十分な練習時間が与えられ、指導も始めて受けたのでかなり自信を持ってスタートしました。しかし、最初のターキーのみで、後はスペアーもとれずがたがたに終ってしまいました。

 練習のしすぎでした。結構疲れてしまいました。日ごろ使わない筋肉を使う為だと思います。

 息子も今回はあまり調子がよくありませんでした。

 楽しい時間をすごすことができました。今後もっと多くの参加者を期待したいと思っています。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ




 
posted by 森よしと at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

スノーボードFISワールドカップ2009GIFU/GUJO大会が開催されます

 来年早々の1月14日に、今年に引き続きスノーボードワールドカップが開催されます。今年は、初回ということもあり準備などもかなり大変でした。

 世界大会をわが市で開催いただけますことは、素晴らしいのですが、身の丈に見合っていないとなると話は違ってきます。今年が其の例だったと思います。

 二度と協力しないといった声も聞きました。しかし私は、何とか何回か挑戦してみてから、判断をすべきだと訴えたいのです。

 これだけ景気の悪い時に、世界から多くの選手や関係者が集うということはありがたいことだと思っています。

 今年との違いは、まず行政主導ではなく全くの民間主導となること。もちろん郡上市での開催の為、1,100万円(岐阜県も含めて)の支援をしますし、今年の中心的なポストを担った職員数名は協力をする予定です。

 種目を1種目(ハーフパイプ)に絞り、経済的にも1億8千万から4千7百万前後に圧縮します。様々な道具類は、市から貸すことになりますから其の分だけでも、かなり減額となります。

 今年は3種目で、参加国24カ国361人。来年は、参加国10カ国51人(12月17日現在)。因みに今年のハーフパイプ参加数は65人でした。まだ少し時間がありますので多少は変動しそうです。

 そして、選手・コーチ全てが、市内に宿泊予定だといいます。今年は、ほとんどが岐阜市か高山市でしたので、市内に還元されるとは思いますが、値段の問題がクリアーされているかという問題は残ります。

 メインスポンサーは、株式会社アルペン、オフィシャルパートナーが西濃運輸となり、現在2社募集中。

 関係者のご活躍に感謝申し上げますとともに、一生懸命応援をします。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ


posted by 森よしと at 16:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古田知事の選挙事務所が開設

 2期目を目指します現職古田知事の選挙事務所が、恒例となっています岐阜市水産会館で開所されました。郡上からは多くの参加者はなく、私も欠席でした。事前の会議で来年の本番に多く足を運ぶように決まったからです。選挙の日程は、1月8日から25日。聞くところによりますと、かなりの参加数だったといいます。

 実は私も先回の知事選挙までの3回は、事務所のスタッフとして県庁南にありますルートインに泊り込んで、選挙の応援をしていました。今回のスタッフもほとんど同じメンバーなので、なつかしくもあり、寂しい感もします。仕事の関係で今回は遠慮させていただきました。

 知事選挙は長丁場で、体力との戦いといっても過言ではありません。候補者はもとより、スタッフも寒い中の戦いなのです。

 夕方、水産会館を覗いてみましたら、管理人のおじさんしか居られず、多分全員で夕食にでも行ってしまった?奥の電気はついていましたが、鍵は閉められていました。

 みんなに会うのを楽しみに疲れた体に鞭打ってきたのに、出直しとなって少々拍子抜けでした。年内に一度はお伺いしたいと思っていますが。

 今回も、岐阜県の知事選挙は、自民党、民主党、公明党相乗りで、対抗馬が共産党です。勝負は自ずと決まっているわけです。負けることのない選挙ですが、やるだけのことはやらなくてはならず、これが結構大変なのです。岐阜県全体でもあり、お金もかかるわけです。

 消耗戦の感さえする中、スタッフに緊張感を持たせるというよりは楽しんでやることだと思います。私も多くの知り合いができました。
民主党の知り合いからも本音の部分を教えられたりしました。

 今年は、郡上にてしっかりと応援をしたいと思っています。郡上は、1月10日1時から郡上総合文化センターへ候補者が見えます。

 寒い中での戦いですので体に十分注意をして取り組んでいただきたいと思っています。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ



 
posted by 森よしと at 07:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

学校の勉強って役にたっているのかな?

 今年も残り少なくなってきました。今年は本当に大変な年となりました。10年分の経験をした感じです。多くの方々にご苦労をおかけしました。

 必死に勉強もしました。また来年はもっと頑張ろうと決意しています。

 ところで、高校の娘の成績がどうも芳しくないらしいのです。妻も学校へ行ってきたようです。

 忙しくして充実していると勝手に思っていたのですが、落とし穴にはまったみたいです。

 ただ叱り付けることがいいとは思いませんが、どうすべきかを考えなければなりません。

 まずは時間を割いて、一緒に勉強をしてやろうと思っています。

 受験の時もそうでした。今しか勉強できないことがあると思っています。いまやらないともったいないのです。

 学校の勉強は、ほとんど頭に残っていませんが、一生懸命にやったということが大切であり、考え方を学ぶ事が大切だと思います。

 下に2人まだいます。おねいちゃんがまずは頑張ってほしいのです。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ


posted by 森よしと at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

12月定例会閉会

 12月5日に開会されました定例議会が閉会をしました。条例8議案、補正予算10議案、その他陳情等を原案通り可決いたしました。

 午後からは、全員協議会が開催され、全部が高鷲の話題でした。

@高鷲牧場財産処分について
A燃油肥料高騰対応緊急対策事業について
Bひるがの高原スマートインター本格運用について
Cひるがの高原SAバスストップについて
Dその他

@財産処分方法の変更について
 
 当初、無償譲渡で検討していましたが、国庫納付が発生するとの事から有償貸付に変更しました。
 牛舎等施設 貸付期間 15年 年間賃貸料259千円
 施設用地  貸付期間 15年 年間賃貸料 21千円
 採草地   貸付期間  2年    最低209千円
 (採草地については、3年目からは、高鷲牧場地主組合と相談)
公募方法により貸付者を選定。
   
Aは、国の事業説明
 
B平成19年12月16日に実験開始されましたスマートICは、予想を上回る交通量となっており、正式オープンは間違いありません。

 スキーや休日夏休み等の利用が多く、全線開通を機に一気に増加。最大交通量は、3,186台/日(7月20日)。土日祝祭日は約1,350台。一日平均利用台数は約850台。最低510台を見込んでいた。

 整備によって隣接の高鷲ICの渋滞長が2,350mから200mに。隣接の交差点も渋滞が解消。

 「牧歌の里」では、平成20年の海外からの入場団体数が約2,3倍。特に7月が3,2倍、8月が4,7倍。ひるがの高原スキー場は、入場者数が約2,6倍となっている。
 
 便利になったとの声が多い。

Cかねてより高鷲のサービスエリヤに高速バスの停留場を作ってほしいといった要望があったのですが、今回急遽話題となってきました。かなり現実的な事として。「ひるがの高原SAバスストップ設置協議会」を設立して、取り組んでいます。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ


posted by 森よしと at 17:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

中日ドラゴンズ「和田一浩選手後援会」に出席

 今、世界的大不況の中、プロ野球の世界は全く不況を知らないといっても過言ではありません。中日ドラゴンズの和田一浩選手は、年俸2億8千万円(推定)。

 急なご案内でしたが、今日正ヶ洞公民感で彼の後援会が行われました。古い小さな公民館です。このレベルの選手であれば、名古屋マリオットアソシアホテルかヒルトンホテルぐらいで開催してもおかしくないのですが、そんなところにも小さな感動を覚えました。

 お母さんが、高鷲の出身で妹さん3人がこの近辺に居られ、お酒の給仕に忙しそうでした。切立に小さな別荘を立て、たまに来て鮎掛けにも興じているとか。

 かなりお酒をいただいた後に、万歳の音頭を依頼されたため、とにかく頭が回らない。多少気の利いた挨拶というものがあると思ったが、なかなか出てこないのです。

 開口一番、「スキンヘッドが良くお似合いですね。」といってしまった。多少ショッキングな言葉に感じるが、「かっこいい男は何でも良く似合うものです。」と閉めました。鍛え上げられた抜群の肉体で、何といても気取らず温和な選手。握手の時も笑顔で接してくれる。

 会の始まる前には、野球の子供たちにサインを嫌な顔もせずしてくれていました。風邪をひいて、何度もトイレに駆け込んでいましたが。

 来年のドラゴンズは、川上や中村といったスター選手が移籍し、選手不足といわれても仕方ない状況。落合監督の采配にも最初の頃のひらめきが欠いている感じがするのは私だけではないと思います。

 かなり厳しい年になると思いつつ、渋い和田選手の、大いなる活躍を期待したいと思うのです。こんなすばらしい選手がわが郷里にいるということを誇りに思います。

 そして、子供たちが希望を感じ、プロやメジャーへの夢を目指してくれることを楽しみにしています。

 政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ
posted by 森よしと at 08:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

「公立・民間病院機関のあり方を問う」一般質問と答弁

 医療問題 「公立、民間医療機関のあり方を問う?」

全くの素人が、医療に関する質問をするということは、無謀極まりないとは存じますし、医療に携われる先生方に失礼かとも思いましたが、今全国的な問題であり、特に中山間僻地であるわが市にとって、最大の課題が医療であると考えますので、あえて質問をさせていただきます。
昨年より、郡上市の医療のベストな体制とは?どんなものなのだろう。と素人ながらに考えさせられるわけですが、救うことのできる命を救わなかったとすれば、それは犯罪であり、人災であります。
郡上市の医療の現状、今後の取り組みを、3点お尋ね致します。
まず、1点目ですが、2004年に義務化されました「臨床研修医制度」のスタートにより、社会の情勢は目に見えて変わりました。
 「臨床研修医制度」は、プライマリーケアを中心とした幅広い診療能力を目的に、2年間の臨床研修を義務化、適正な給与の支給をし、アルバイトの禁止というものです。
 さらに、研修先を自由に選べるようになり研修生は、都市部へ集中し、地方の医師数は決定的に不足することとなりました。研修医のアルバイト禁止の為、夜間及び休日の当直数確保も困難になり、労働力としての研修医を確保できなくなった大学病院は、関連病院へ派遣していた医師を引き上げ、人口過疎地では、医療そのものが成立しなくなってしまいました。
 2009年4月より、大学病院に限り地域医療に影響を及ぼす診療科について、特別コースに基づいた研修プログラムを実施できるようになり、医局とは別に、自主的人事権の行使により、公正な病院作りが可能となるか注目されています。
 そこで、郡上市民病院、白鳥町病院をはじめとする、公立病院はもとより、今の困難を如何に乗り越えて、医師確保をしておられるか、現在の医療スタッフの状況をお聞かせください。
 2つ目は、岐阜県下、公立病院たくさんありますが、経営状況もまちまちです。大垣市民病院や、県立多治見病院、岐阜市民病院などは、研修医確保が容易であり、人口の多いところでもあり、大変な黒字を出しています。とりわけ大垣市民病院に至っては、ベッド数888床、診療科26科、愛知県、滋賀県から患者さんが見えて大変な混雑だといいます。純利益は10億円、利益剰余金67億円、医療収支比率107%全国ベスト10を誇っています。
 一方、県立多治見病院のある多治見市はどちらかというと革新市制ではありますが、その多治見市民病院は、現在20年間の「指定管理者」を募集しており、民間の医療機関が手を上げようとしていると聞いています。郡上のように、2つの大きな公立病院を持つ市は極めて少ないと思いますが、経営的・ランク的に今どの位置にあり、どの病院と近いかを教えていただきたいと思います。
 そして最後に、民間との兼ね合いについておたずねします。営利を第一義としない行政が病院を経営する場合と、ある程度は営利を追求せざるをえない民間病院では、自ずと経営方針や課題に相違が出てくると思いますが、いずれも究極的には人命を対象としている以上、目的は同じはずであり、協力体制をとることができると信じたいし、取らねばならないと存じます。医師の絶対数自体が少なくなっているわけですから、専門のドクターが市内に見えれば、応援体制を組むことも大いに必要でしょうし、それでも不足ならば、市外の大きな病院からの援助を要請できる体制を、整えなくてはならないのではないでしょうか。
 公立病院通しの協力は当然のこと、単純に考えても、八幡には市民病院と民間の大きな病院がありますし、白鳥には町病院と民間病院が、さらに高鷲には診療場と民間病院があります。それぞれ連携協力できれば良いと思いますし、おそらく市民のほとんどがそれを願っています。「郡上市の理想の医療体制を追求し実現する道こそ、真の医療だ」と思います。公立病院改革プランの中に、<仮称>地域医療確保検討委員会を設置されたとお聞きしましたが、詳しくお聞かせください。

(答弁)市長
 
 派遣状況は次の通りです。
郡上市民病院  診療科目 12科
 常任医師 16人(大学派遣15人、直接採用1人)
 非常勤13人(大学派遣13人)
  
国保白鳥病院  診療科目 9科
 常任医師 7人(大学派遣6人、直接採用1人)
 非常勤医師 5人

国保和良診療所 診療科目 2科
 常任医師 3人(岐阜県派遣2人、直接採用1人)

経営概況(概ね、全国公立病院の80%が赤字)ではありますが、
  
  平成19年決算 郡上市民病院  △473,506千円
          国保白鳥病院  △ 71,647千円
          国保和良病院  △ 68,109千円
          合    計  △613, 262千円

赤字の主な要因
  郡上市民病院
    ・旧病棟の取り壊し(19年度のみ)140、000千円
    ・減価償却費の増         214,500千円
    ・医師不足からの収入不足     119,000千円
 
郡上市内の病病連携について
    八幡病院との連携
    ・年間紹介例数 外科手術紹介31例
    ・最近数年、八幡病院内課と当院外科の良好な関係つくりに取り生んできた。

高鷲地域における診診連携について
    ・国保高鷲診療所は、地元からの存続希望もあり配慮する必要のあることと、今後、県からの医師派遣の状況も含め慎重に検討してまいります。

 政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 20:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

「白鳥雇用促進住宅に対する市の姿勢」一般質問と答弁

 白鳥「雇用促進住宅の市の対応」を問う

 嘆願書が提出され、現在継続審議中であり、昨日田中先生もご質問され、市長のかなり前向きな答弁だと感じました。独立行政法人、雇用能力開発機構から提示されています金額や、今年度中には市の決断をされますので、わざわざ一般質問する必要もないと存じました。
 しかし、白鳥の方々以上に、他地域の入居者も多く、市全体の問題であり、機構廃止に伴う全国的な動きであり、八幡中坪住宅、白鳥那留住宅におきましても、近い将来、考えねばならない問題であります。
 すでに何人か退去され、残った人たちは、大変寂しい思いをしているといいます。普通契約者は引越し代も保障されているといいますが、定期契約者は何も保障されていません。2年後の11月には、全員が退去を勧告されており、住む場所を探しながら、心も落ち着かない状態だといいます。中にはいくら考えてもいき場のない方も見えて、まずは市の対応を待ってみえます。一日でも早く、回答を出すべきだと思います。如何でしょうか。
 そして、金額に付きましても機構にお願いしてもっと安くできないかを検討してもらえないものか。さらに、3つの住宅をセットで考えてみることも必要かと思います。
最後に、最悪でも、住む場所は、何とか保障することも検討しなければと思いますが。

(答弁)市長 田中議員への答弁も加える

・一般に譲渡する場合、土地建物で9,190千円。郡上市であれば2分の1に減額となる。平成20年度末までに市の返事を要請されている。

・昭和57年供用開始であるが、耐震性の問題はなく、長期的に使用可能。ただ、風呂が古く、シャワーが付いていない。

・現実的に入居者がいるかどうかが、疑問であり、一定水準の入居者がないと市での運営は困難。

・入居者の安心も必要であり、また、市の公的住宅の確保も考えながら検討していきたい。

・市営住宅とした場合、市営住宅基準が適用されなければならないが、当面公営住宅に順ずる市有住宅ということも考えられる。

・民間の場合は、減額措置はなく、家賃も現在の金額の保証はない。

・3施設をセットで考えるべきとのご意見ですが、他の2施設の具体的な時期がまだ確定していないことと、八幡の施設については、かなり古い物件であるため別途の検討が必要であると考える。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 06:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

「議員、職員と自治会長の三位一体強化について」一般質問と答弁

 「議会、職員、自治会の三位一体強化!」

「三本の矢」が集まれば強くなるように、市議会議員、市職員、そして自治会役員を三位一体ととらえ、郡上市組織作りに取り組んで行くことが必要かと存じます。その最大のテーマは人作りであり、人を育てるシステム作りと気概こそ大切な時であると存じます。「人は石垣、人は城、人は堀」と申します。
まず議会については、郡上市合併後2回目の選挙において、定数を30人から21人に削って、厳しい取り組みとなりました。議員一人の役割、責任と負担は単純に1,5倍になったと言えます。さらに、次回の選挙に向けましては、今後検討されることになりますが、更なる定数削減と大選挙区への移行は避けられません。
議員は、一票一票の重みを感じつつ日々奮励努力しているわけでありますが、「常在戦場」という言葉通り、常に選挙のことが頭をよぎりますし、政治と選挙は表裏一体なのです。選挙の洗礼を受けない限り、政治を担当することはありません。
当選までには様々な形があります。政党による戦い方、後援団体による戦い方、そして地域型の選挙は、大選挙区となった場合でも、最も重要な要素になることは間違いありません。選挙の結果、地域によっては、代表議員をなくす場合も出てくるのではないかと予想します。
そんな不安定要素の多い市議会議員なのでありますから、地域のセーフチィーネットが必要になります。議員とは違い安定的に、かつ長期的に取り組んでいただけるのが市職員と、自治会役員だと思います。
市職員については日置市長より、「行政改革を進め、削減しなければならないが、地域振興事務所については八幡は本庁に組み入れますが、他地域は極力減らさない方向です。」とお話をいただきました。「ホッ」としているところであります。ただ市長さんに申し上げておきたいことは、全職員を把握するくらいの愛情と、厳しいさをもって血の通った組織を作っていただきたい、ということです。かつて、穂積町の元町長に松野友さんという、女性の町長が見えました。松野幸泰衆議院議員の奥様で、彼女の名文句に、
「役場の職員は知恵を搾り出さなければならない。知恵の無いものは汗をだせ。汗を出せないものは辞表を出せ!」
とあり、厳しく指導されたといいます。それぞれの立場で、有能な人材こそ市に留まって活躍いただきたいと思います。
最後に、この質問で最も申し上げたいことは、自治会のあり方についてであります。旧7カ町村それぞれ規約があり、任期についても多少違いがあります。
八幡 18自治体  1年任期。  
大和 20自治体  1年任期。
白鳥 18自治体  2年任期。  
高鷲 8自治体  1年任期、  1自治体 2年任期。
美並 12自治体  1年任期、8自治体 2年任期。
明宝 5自治体   1年任期、2自治体 2年任期。
和良 15自治体  2年任期。
ただ、再任は妨げないということで、八幡、白鳥はかなり長期の会長さんもおられ、各地域の状況に応じた取り組みになっているようです。
「人が育つにはある程度の時間性が必要です」が、長すぎることの弊害もあろうかと思いますし、短期すぎては、同じことの繰り返しということになります。
今高鷲で顕著なのは、市職員の退職者の方々が率先し、自治会長をお勤めいただいておりまして、大変ありがたい訳ですが、何といっても任期1年で交代ということになれば、将来、残念ながら行政に疎い自治会長が多くなると予想されるのです。 
そして先ほど申しましたように、地域によっては議員不在さらに職員減少ということにでもなれば、地域の大損失になることは間違いがありません。
公民館体制強化さらに地域審議会のあり方も含めて、強い自治体を作る為ある程度、統一的な見解があればと思いますので、市長のお考えをお聞かせください。

(答弁)市長

 市内には現在107の自治体が組織され、自主的な活動を行っている。自治会長さんの任期は、概ね6対4の数で一年となっている。任期が複数年であることは望ましいが、自治会長さんもそれぞれお仕事を持っておられる。
 
 自治会という団体であるから、一方的に市から役員任期を複数年にするという指導は控えたいと思うが、市からの行政指導という立場ではなく、自治会連合会などの席上、こうした意見があったことをお伝えし、短期的な役員改選に伴って、行政と自治会との関係に支障が生じないようお願いしていきたい。

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ

posted by 森よしと at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

「食育の現状」一般質問と答弁

 「食育」について

「食」という字は、「人を良くする」と書きます。食べ方の良し悪しが、人生を大きく左右するといっても過言ではないのです。
かつて小学校の入学式で、私は子供たちに挨拶の中で約束をしました。
「朝は早く起きて、しっかりご飯を食べ、(ウンチ)をして、学校へ行ってください。給食はもったいないですから残さず、自分の食べられる分だけもらってしっかり食べましょう。」
私の子供は、「お父さん恥ずかしい。ウンチなんて!」児童の脳裏には、其の単語だけは残った様ですが、真意は伝わっていないようです。
申し上げたかったのは、子供の時からキッチリとした生活習慣を身につけさせることは、極めて大切であり、親の役割だということ。朝ごはんを食べていない児童は多く、授業中は落ち着かず、勝手にトイレに行ってしまうそうです。悪い習慣は、大きくなってもなかなか改善されません。親御さんたちに申し上げたつもりでした。
このテーマは、家庭と学校の共通の課題として、取り組むべきことです。最近は親が、起床せず、子供一人で学校に行くこともあるそうです。かつてTVでやっていましたが、都会のある学校ではモーニングを準備するとか。かなり方向が違っていると思いますが、真剣に考えるべき問題だと思います。
 さらに、今社会問題ともなっている、食の安全性という観点からも、地産地消は当然ですが、自分たちで野菜の栽培し、農業に関心を持ち、食べ物の大切さや、作ってくださる人への感謝の気持ちなど、多くの心情を実感すると思います。
学校での「食育」に対する取り組みについて、現状と今後も含めてお聞かせください。

 (答弁)教育長
 @「食育」とは
 「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、「食」を生み出す「農」の重要性を認識しながら健全な食生活を実施することができる人材を育てること。
 {岐阜県食育基本条例}より
 A5つの目標(めざす姿)
 1、食の重要性を理解し、健全な食を実践できる。
 2、楽しい食事をとる習慣を身につける。
 3、食の安全性を理解した行動ができる。
 4、地域の伝統的な食文化を理解し、継承できる。
 5、食と農と自然と生命のつながりを理解し、感謝に気持ちが持てる。
 B特に子供たち対象に実施していること
 1、学校栄養職員の専門性を生かして取り組み
  ・毎月の献立表に栄養価、食育、食材情報等の掲載
  ・給食時間の訪問(食の重要性や食材の紹介等)
  ・学級担任とともに、教科や総合学習で食に関する指導実施
  ・家庭教育学級で保護者への講話(朝食の必要性等)
  ・保護者、担任との三者懇談(アレルギーへの対応)
  ・生産者を交えた交流会
 2、学校(園)での取り組み
  ・幼稚園、小学校で野菜作りや親子料理体験の実施
  ・地域の講師による栽培教室や農の体験

政治ブログランキングに参政加しています。
 下記をクリックして応援お願いいたします。
 にほんブログ村 政治ブログへ
posted by 森よしと at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。